スポンサーリンク
2013年7月27日土曜日

ドバイに出来た高層ビル「カヤンタワー」のカタチが凄い


カヤンタワーの全景写真
カヤンタワーの全景写真(カヤンタワー公式サイトより)

どうやって窓拭くの?ねじれたカタチのドバイの超高層ビル


ドバイに完成した310mの高さを誇る超高層タワービル「カヤンタワー」です。
さすがに800m越えのブルジュアリファなどに比べると低く感じてしまいますが、この独特な形状で75階建てとなっておりドバイの天井知らずなビルデザインは凄いとしか言いようがありません。

このタワーの特徴は1階から最上階までにかけて90度ねじれたような構造のデザインとなっていて、タワーの内部はマンションとなっているようです。
ビルマニア(自称)としてはたまらない感じです。




カヤンタワーのデザインモチーフは人体のDNA。

カヤンタワー下から。
カヤンタワーを見上げるとこんな感じ(カヤンタワー公式サイトより)

このタワービルのデザインは人体のDNAの螺旋構造をもとにして作られており、この他にも、例えば日本にもねじれたデザインのビルなどがありますが、今回の完成によりこのカヤンタワーが世界で最高層のねじれタワーとなったようです。

中身はマンションで8割くらい売れているらしい。


このねじれタワー、当初は「インフィニティタワー」という名前がつけられていたこのねじれタワーですが、落成式で現在のカヤンタワーに改められたそうです。

ドバイショックなどを経て完成が予定よりも遅れていたようですが、ようやく完成し住居も8割くらいは売約済みになっているとのことです。
ちなみに物件の価格は4500万円程度からとなっているようです。

ここからはカヤンタワーのお部屋の内装を見て行きましょう。

カヤンタワー1
カヤンタワーから眼下にドバイの街を望む部屋。
カヤンタワー内装キッチン
こちらはキッチンの写真。
カヤンタワー内装
どうやら壁も床も白系の色で統一されているようです。
全体的にモダンな感じに仕上がっています。

これらの写真は建設段階でのものだと思われますが、公式サイトの写真ではこのような何も無い状態の部屋のものと、簡易的なイメージ図しか無かったため、日本のように大々的にマンション生活をイメージさせるような素材は用意することは無いのかもしれません。


ただ、ドバイや中国などは投機目的での再開発や物件販売が問題視され続けていた部分もあるので、この8割の「住民」の方々が手放さず優雅な高層タワー生活を満喫し続けてくれる事を心より願っております、、、。


既にグーグルアースには3Dモデルとして登場していました。。。
ドバイ カヤンタワー
グーグルアースの3Dで見るドバイのビル群とカヤンタワー。


カヤンタワーの公式ページ(カヤン不動産投資開発のサイトより)
http://www.cayan.net/cayan-tower.html

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。