スポンサーリンク
2013年8月29日木曜日

67年製のフェラーリ275GTBが27億円で落札!?


フェラーリ275GTB・4NARTスパイダー
PetroliciousCo "This Ferrari 275 GTB/4*S N.A.R.T. Spider Is One of Ten"より。

オークション史上最高額で落札されたフェラーリ。


CNNの報道によると、1967年に生産されたフェラーリのオープンカー275GTBがオークションにて26億8400万円で落札されたとの事です。
フェラーリ275GTB・4NARTスパイダー
PetroliciousCo "This Ferrari 275 GTB/4*S N.A.R.T. Spider Is One of Ten"より。

落札されたクルマはフェラーリ275GTB・4NARTスパイダー「275 GTB/4*S N.A.R.T. Spyders」という車種となっており、N.A.R.Tとは(ノース・アメリカン・レーシング・チーム)の略でV12エンジンを搭載し最大出力が300馬力というオープンタイプのスポーツカーとなっていて、10台だけ限定で製造されたモデルとなるそうです。落札価格は2750万ドルとなっており、オークションでロードカー(F1などの特殊車両ではない通常使用の出来るモデル)に付けたられた値段としては過去最高の価格となります。


フェラーリ・275とは。

フェラーリ275GTB・4NARTスパイダー
PetroliciousCo "This Ferrari 275 GTB/4*S N.A.R.T. Spider Is One of Ten"より。

フェラーリ275はフェラーリが250GTの後継車種として生産したスポーツカーの名称で、1964年にパリサロンで公開されたモデルとなります。

激レアなフェラーリがオークションに出品された訳は?



自動車情報サイトの「autoblog」によると、このフェラーリ275GTB・4NARTスパイダーはアメリカのフェラーリ愛好家、エディ・スミス氏が愛車として長年大切に乗っていたもので、当時アメリカでの最大手インポーターでありレースドライバーでもあったルイジ・キネッティ氏から購入したモデルとのこと。6年前にスミス氏が亡くなってからは、この名車もただ家の中で埃をかぶっているだけとなってしまい、スミス氏の息子が今回オークションに出品する事となったようです。

超高額フェラーリの収益金の行方は?

フェラーリ275GTB・4NARTスパイダー
PetroliciousCo "This Ferrari 275 GTB/4*S N.A.R.T. Spider Is One of Ten"より。

このクルマをフェラーリオーナーのイベントに展示したところ、多くの人が感動していた場面を目の当たりにした事がきっかけのようで「格納庫に保管されホコリを被っているよりも、もっと多くの人に見てもらい楽しんでもらえる場所にあるべきだ」という決意のもとオークションに出品され、スミス氏の息子さんは「手放すのは寂しいですが、収益はすべて寄付されるので、人のためになることが好きだった父もきっと喜んでくれることでしょう」語っており、このクルマの収益は慈善事業などに使われるのでは
ないかとみられます。

フェラーリ275GTB・4NARTスパイダー
PetroliciousCo "This Ferrari 275 GTB/4*S N.A.R.T. Spider Is One of Ten"より。
確かにフェラーリは価格的な事柄からか資本主義やお金が絡む話題が多いですし一般人には手が出ない高嶺の花ですが、今回の一件はそのような問題を超えた部分の人間味溢れる心温まるお話でした。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。