スポンサーリンク
2013年12月5日木曜日

マツダ風籟(Furai)のトップギア炎上事故に新たな展開



変わり果てた姿のFuraiコンセプト。TopGearの公式サイトより。

マツダのコンセプトカー「風籟」(Mazda Furai)が炎上!?


ちょっとびっくりする写真なのですが、本当なんでしょうか?

マツダのコンセプトカーとして有名な「風籟」(Mazda Furai)がイギリスの自動車情報専門誌のTop Gear Magazineの発刊20周年記念の特別企画の取材のために貸し出したところ炎上してしまい黒こげになってしまったとのことです。

情報が少ないため一体どういうことなのかよく分からないのですが、海外サイトが報じたところによるとマツダ風籟コンセプトを貸し出しテストセッションを行う際にこのような自体になってしまったらしく炎上の原因は不明です。




追記:風籟(furai)の炎上事故は2008年の出来事だった!?

マツダの風籟(furai)
これは撮影中の在りし日の風籟(furai)の写真(画像:topgear.comより引用。)

まさかの展開です。先日TopGearの公式サイトに新たに記載された英文に衝撃が。。。
2008年の初旬に公開されたマツダの風籟(furai)コンセプトは、その年の終わり(2008年?)にトップギアマガジンが借り受けて動かしたらしく、その後に炎上し二度と見られなくなった。的な事が掲載されております。

マツダの風籟(furai)
風籟(furai)の撮影は最初は順調だった模様。それが↓(画像:topgear.comより引用。)
マツダの風籟(furai)
その後、風籟(furai)が発火!?(画像:topgear.comより引用。)
マツダの風籟(furai)
勢い良く炎上した結果↓(画像:topgear.comより引用。)

風籟(furai)は、このようなMazdaファン(僕も含む)がショックを受けてしまう姿に。。。
(画像:topgear.comより引用。)

ということは、てっきり先日炎上してしまったと思われていた今回の一件は、
実は5年前には既に風籟(furai)は燃えてしまっていたということなのでしょうか??

これはちょっと衝撃的な展開でした。。。


「風籟」の炎上に国内外のファンが悲しみと怒りのコメント。

マツダ「風籟」(Mazda Furai)の画像
在りし日の「風籟」(Mazda Furai)wikipediaより。

マツダ「風籟」(Mazda Furai)は5年前に発表されたコンセプトカーで日本国内も含めミニカーやゲームにも登場するなど高い人気を誇っていたコンセプトカーのため、悲しむファンも多いのでは。。。僕も含めて。

海外サイトでもショックを受けた方々の悲しみと怒りのコメントが続々と。

ニュースを報じている「oppositelock.jalopnik.com」のサイト↓

トップギアの公式サイト(コメント欄も見えます)↓

全て英語ですが、雰囲気だけで分かると思います。

こうなるとこれからどうするのでしょうか?
コンセプトカーなので台数が無い上に開発費ももの凄くかかっていると思われ、今後トップギア側がどのようにこの自体に対処するのかも気になります。

マツダ「風籟」(Mazda Furai)について。

マツダ・風籟(ふうらい・FURAI)
マツダ・風籟(FURAI)レースウェイ走行時のpress写真より

マツダ・風籟(FURAI)は2008年にデトロイトモーターショーで発表されたコンセプトカーで、Nagareと呼ばれるコンセプトシリーズの中で5番目に発表されたモデルです。
デザイン的には相当奇抜なものでしたが実際に走行が可能で、マツダ・レースウェイ・ラグナ・セカで走行した動画などがYouTubeで見ることも出来ます。
また、レーシングカーのようなデザインでありながら、マツダが誇る技術であるロータリーエンジンが搭載されており450psを発揮する性能を持っています。

さらに、環境面へ配慮したスポーツカーということで燃料にはエタノールを使用するなど次世代を見据えたコンセプトカーとなっていました。

以下がFURAIのプロモーション?に関わっていたとされるJadi Communicationsがアップしている「風籟」(Mazda Furai)のプロモーションビデオです。




以下はRoadfly.comより2008年のノースアメリカインターナショナルオートショーでマツダ・風籟(FURAI)が公開された時の様子を写した動画です。



Furaiについてのサイトはありませんが、
その他のコンセプトカーが公開されている一応マツダのサイトのリンクを貼っておきます。

追記:マツダの広報部公式ツイッターにて風籟(FURAI)の一件についてのコメントがありました。
風籟(FURAI)マツダ コメント
マツダ広報部@Mazda_PRのツイッターより。
風籟(FURAI)コンセプトの炎上の件は事実のようです。



★マツダ トップページ

MAZDA DESIGN
http://www.mazda.co.jp/philosophy/design/


これからもマツダがFuraiを超えるクルマを作ってくれることを願っています。。。



スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。