スポンサーリンク
2013年10月8日火曜日

色々と悲惨だったF1韓国GP、ベッテルは「韓国GPは今年が最後と聞いてる」とコメント


F1韓国GP
2013 Korean Grand Prixのイメージ画像 by  Some rights reserved by CaterhamF1

韓国GPは今年で最後?今年も色々とトラブルが起こりました。


先日行われたF1韓国グランプリ(韓国GP)
毎年何かしらの珍事が起こる事でも有名ですが。。。

今年も様々な出来事が起こり話題となりました。
以下より今年起こったアクシデントと毎年のように指摘されている韓国GPの問題点、
そして今後のF1韓国グランプリがどうなってしまうのかも含め書いてみました。



毎年発生するトラブル。


韓国GPについてはコースの完成前から不安要素が多く、それも話題となっていました。
例えばF1韓国GPが開催される直前にも関わらず未完成というほどコースの工事が遅れてしまったり、道路がうねるなどの欠陥が見つかったり、建設途中にクレーンが倒れて施設を一部破壊してしまうなど。。。

また、開催地はソウルから400kmも離れた小さな田舎町となっており、専用の宿泊施設が無かったためF1ドライバーやスタッフ、報道関係者などがラブホテルのような施設に宿泊させられるなど、国際的な大会を開催するにはあまりにも不適格な状況となっています。

今年も「衝突したマーク・ウェバーのマシンが炎上したが、長らく放置。」や、
「消化器を積んだSUVがF1マシンの前を走行して行く」というシュールな映像も報道されております。

これについて

セバスチャン・ベッテルは「セーフティカーだったかはあまり明白ではなかったけど、セーフティカーボードは光っていたし、減速した...もちろん、コース上に別のクルマがいたのは見えたよ」とコメント。
「BMWのように見えた。ヒュンダイかキアのSUVだったと思う。ベルント・マイランダーではなかったし、セーフティカーでもなかったね。見えていたよ」
引用:http://f1-gate.com/korea_gp/f1_21139.html

というコメントを残しており、

さらに炎上したマーク・ウェバーのレッドブルのマシンを消化するのに使用された消化器がF1やこの手のレースでは通常使用しない家庭用のものと思われる粉末消化器だったため、マシンのエンジンなどにダメージを与えてしまったなどの報道もあります。

また、チェッカーフラッグの担当でも一騒動あったようで、
本来スポンサーの偉い人や各国の首相、世界的に知名度の高い人などが担当するチェッカーフラッグの担当に何故か韓国ローカルなKPOPの女性グループを選出しF1主催者側から難色を示され、結局全羅南道知事がチェッカーフラッグを振るという事になったという経緯もあります。

F1ドライバーが韓国GP決勝終了とともに逃げるように当日中に日本へ。


これらの状況に嫌気がさしたのか多くのF1レーサー達とその関係者達がF1韓国GPの決勝終了とともに韓国から脱出した模様です。
決勝は夕方に終了しましたが、アロンソ、ハミルトンをはじめとする殆どの選手が当日中に韓国をプライベートジェットで出国しアロンソについては日付が変わる頃には日本に到着していたとのこと。


そもそも韓国ではF1は不可能だったのではないか?


F1韓国GPの主催者が発表した3日間の入場者数が昨年よりも5989人減少した15万8163人となっており、F1ドライバーも苦言を呈する観客数の少なさが目立ちます。各国の報道やファンに観客席もガラガラなどと揶揄されるようにそもそも韓国ではF1自体の人気が低迷していると思われ、今後の開催は難しいのではないかと考えられます。

さらにそれ以前い「主催者側の資金不足」により今後のF1開催が出来ない可能性が高くなっているとの報道も出ています。

motorsport.comの報道によれば
レッドブルのセバスチャン・ベッテルは
「僕らがここを訪れるのは今年が最後と聞いている」とコメントしたとの事。

F1は一つ間違えば命に関わるような事故にも繋がる競技なので、
自国のプロモーション的な事の為に背伸びをして開催するよりも先に
実際の主役である選手やスタッフが気持ちよく集中してレースが出来る環境を作れないのはまずいのではないかと思います。


ちなみに、2013 FIA F1世界選手権シリーズ第15戦日本GPレース
10月11日(金)・12日(土)・13日(日)に開催されます。



スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。