スポンサーリンク
2013年11月23日土曜日

新型「アウディS8」Audiフラッグシップのスポーティモデルが日本上陸

アウディS8
2014年導入予定の新型アウディS8(画像:Audiのプレスリリースより。)

アウディの最上級サルーンのスポーツ仕様「S8」

2013年の夏頃に新型として発表されていたアウディの最上級サルーン「A8」のスポーティ仕様モデル「アウディS8」が東京モーターショー2013の会場で日本初公開されました。

大型の高級サルーンでありながら520psを発揮する4リットルV8エンジンを搭載し、100km/hまでをわずか4.2秒で加速させる圧倒的なパワーを誇るアウディのフラッグシップモデルが2014年に先駆けて日本上陸、そして詳細も発表されています。



新型「アウディS8」の性能は。

アウディS8
アウディS8に搭載されたV8エンジン(画像:Audiのプレスリリースより。)

以前にもRSについて記載しましたが、Sモデルとはアウディの車両をベースに改良された高性能モデルという位置づけとなっており、アウディがこれまでのレースなどで培った最新テクノロジーを受け継ぐモデルです。

今回、日本初公開となった2014年発売予定のアウディS8はクワトロ・フルタイム 4WDシステムと520psを発生するV8インタークーラー付ターボ4.0リッターDOHCエンジンを搭載しており、わずか4.2秒で100km/hにまで到達可能なパワーを備えたモデルです。

アウディS8はスポーツ性能と利便性を両立させるモデル。

アウディS8
アウディS8はラグジュアリースポーツサルーン(画像:Audiのプレスリリースより。)

アウディS8は一つ前の記事でお伝えしたメルセデスベンツのS65AMGと同様に、時にスポーティに、時に日常の使用にと両立が出来るよう設計されたラグジュアリーサルーンとなっており、コンフォートスポーツシートやアクティブノイズキャンセレーションなどの装備によって利便性をもたらしてくれると同時に、高効率の4リッターのV8ツインターボエンジンによるパワーで力強い走りを実現させたモデルです。

ラグジュアリーサルーンらしいエレガントでスポーティなインテリアとエクステリア。

アウディS8
アウディS8のコックピット(画像:Audiのプレスリリースより。)
アウディS8
アウディS8の後部座席はこのようなイメージ(画像:Audiのプレスリリースより。)

アウディS8のインテリアとエクステリアは「ラグジュアリースポーツサルーン」としてのイメージをそのままに、インテリアにはカーボンアトラスが贅沢に使用されたものとなっており、ダイヤモンド柄のステッチが施されているスポーツシートや本革スポーツホイール、イルミネーションなどラグジュアリーとスポーツ的な部分の両方を兼ね備えたデザインとなっています。

アウディS8
アウディS8のマトリックスLED(画像:Audiのプレスリリースより。)

またエクステリアには多数のLEDが埋め込まれた「マトリックスLED」と呼ばれるヘッドライトやウインカーを搭載しており、その他のボディー、ライトデザインも現在のアウディフラッグシップモデルらしい威厳のあるものとなっています。

新しいアウディS8の価格。

アウディS8
アウディS8のリアのイメージ(画像:Audiのプレスリリースより。)

新型のアウディS8の価格ですが、日本での販売価格は1580万円と公表されており、欧州では2013年度内に販売開始が予定されていますが、日本への導入は来年の2014年と公表されています。

以下はフランクフルトモーターショーで展示された新型アウディS8の映像↓

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。