スポンサーリンク
2013年11月25日月曜日

メルセデスベンツ「Sクラスクーペ」は新たなモダンラグジュアリーへ

Sクラスクーペ
Sクラスクーペのコンセプトモデル(画像:Daimlerプレスリリースより)

登場を予感させるSクラスの新たなモデル「Sクラスクーペ」のコンセプトモデル

Sクラスクーペ」はSクラスをベースとした新たなスタイルの新型コンセプトカーとしてフランクフルトモーターショー2013の会場でワールドプレミアされたモデルとなっており、今回の東京モーターショー2013でもジャパンプレミアが行われました。

近年のメルセデスベンツのデザインと近未来的な美しいデザインが魅力的なスタイルのコンセプトSクラスクーペは、今後、実際に市販化を前提として用意されており、Sクラスの新しいスタンダードとして登場するとみられており、注目が集まっています。

★Sクラスクーペは市販車として正式に発表されました!詳細はこちら。




コンセプトSクラスクーペはモダンラグジュアリーの体現。

Sクラスクーペ
Sクラスクーペのコンセプトモデル(画像:Daimlerプレスリリースより)

コンセプトSクラスクーペはメルセデスベンツのプレスカンファレンスでも「もっとも美しいSクラス」と称される全く新しいモデルとして開発されており、Sクラスがスタンダードであり、Sクラスというカテゴリに新しいスタンダードとして「Sクラスクーペ」を登場させるモデルという位置づけのようです。
Sクラスクーペ
Sクラスクーペのフロントは近年のメルセデス風(画像:Daimlerプレスリリースより)

Sクラスクーペはメルセデスが重点を置く「伝統、感情、先進性」というコンセプトを反映させたデザインとされており、近未来的で機械的な要素を感じさせるデザインと、メルセデスベンツSクラスであるというスタイルが見事に合わさった感情に訴えかけてくるようなものとなっています。

Sクラスクーペの美しいエクステリア。

Sクラスクーペ
クーペらしく美しいデザインのSクラスクーペのサイド(画像:Daimlerプレスリリースより)

フロントデザインはSLSやCLAなどの近年のメルセデスベンツのモデルに近いものとなっていますが、フロントからサイド、リアに流れるラインは現行のSクラスのデザインを彷彿とさせるもののように感じました。

Sクラスクーペ
カブリオレのように開放感たっぷりのはず。(画像:Daimlerプレスリリースより)

このモデルにメルセデスベンツは伝統的なSクラスの威厳と、新たなコンセプトのモデルというSクラスクーペとしての他とは違う今のラインナップの外にある先進的な部分をうまくミックスしていると感じます。



近未来的なコンセプトカーらしいインテリア。

Sクラスクーペ
現行SクラスをモチーフとしたSクラスクーペのインテリア(画像:Daimlerプレスリリースより)

Sクラスクーペのインテリアについては、こちらはコンセプトカーチックというか、自由度の高い設計となっています。実車がリリースされた時にはインテリアの部分はある程度現行モデルのSに近いものになるのではないかと想像しました。



Sクラスクーペ
Sクラスクーペの大画面モニターもSクラス譲り。(画像:Daimlerプレスリリースより)

ダッシュボードのセンターには大画面のモニターが配置されていますが、これは現行の新型Sクラスにも配置されているものなのでもしかすると現在のコンセプトスタイルのデザインが市販のSクラスクーペにもある程度導入される部分も多いかもしれません。


コンセプトモデルでの「Sクラスクーペ」のスペック。

Sクラスクーペ
ベンツっぽくないような気もするリアデザイン。(画像:Daimlerプレスリリースより)

このモデルは現時点ではコンセプトカーではありますが、Sクラスクーペのサイズやスペックなどの詳しい情報も公表されております。

「Sクラスクーペ」(コンセプトモデル)では最高出力455ps、最大トルク71.4kgmを発生する4.6リッターのV8エンジンを搭載し、サイズは全長が5,050mm×全幅が1,958mm×全高が1,409mmとなっており、クーペスタイルに相応しい21インチの大型ホイールが装着されています。

Sクラスクーペ
IAAで出展されたSクラスクーペ(画像:Daimlerプレスリリースより)

そのため、エクステリアのデザインとも合わさりSクラスとはひと味違う、CLクラスとも違う、新しいカタチのクーペモデルとしての「Sクラスクーペ」となっています。



Sクラスクーペは市販化されたらもう少しデザインが落ち着くはず?

Sクラスクーペ
すれ違ったらテンションが上がりそうな近未来的デザイン。(画像:Daimlerプレスリリースより)

コンセプトカーはあくまでコンセプトなので自由度の高い内外装をカタチとしたものが多いので、このモデルも落ち着いて地に足の着いたデザインへシフトしていくのだと思われますが、近年のメルセデスはコンセプトカーのようなモデルを市販モデルでリリースしてしまったりするので、もしかするとあまり変更点が無いままリリースされる可能性も十分にあります。

★Sクラスクーペは市販車として正式に発表されました!詳細はこちら。

この車が車線や前や後ろに来たらビックリしますよね、きっと。



スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。