スポンサーリンク
2013年11月16日土曜日

SLS AMGが来年で生産終了へ。東京モーターショーで「ファイナルエディション」を公開

写真はメルセデスベンツSLS AMG GT。(画像:公式プレスリリースより)

SLS AMG生産終了へ向けた最後のモデルを発表へ。

メルセデスベンツが生産している最上級モデルのスーパーカー「SLS AMG」の生産が終了するのを前にして特別仕様車の「SLS AMG GTファイナルエディション」が東京モーターショーに出展されることが判明しました。

2009年にメルセデスベンツSLRマクラーレンの生産終了後に登場した同社のフラグシップ高級スポーツカーであるSLS AMGは車両開発を全てAMGが担当するという特別なモデルで2000万円以上の価格で販売されておりましたが来年の2014年に生産が終了する予定とのこと。

それに先立ちエクステリアのマイナーチェンジも施されたと噂のラストモデルとなる最終形態「SLS AMG GTファイナルエディション」が特別仕様車として登場します。




「SLS AMG」最後のモデルは東京でワールドプレミア?

AMG GTのロゴ。(画像:公式プレスリリースより)

今回公開される予定のSLS AMG GTファイナルエディションは一部メディアによると11月20日から開幕する東京モーターショーの会場でワールドプレミアとなるとのことで、この他にもSクラスの最上級モデル「S65AMG」も披露されるなどメルセデスベンツAMGの高級なモデルが揃うことになりそうです。

現時点ではスペックや外装などの詳細は判明しておりませんが、エクステリアなどのマイナーチェンジに加えエンジンなどの性能面でも変化があるのではないかと思われ、ファイナルエディションの名に相応しい有終の美を飾るモデルが登場することに期待出来ます。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。