スポンサーリンク
2013年11月24日日曜日

バイオリンとエレクトリックやロックが融合した次世代のサウンドに注目

リンジー・スターリング
話題のアーティスト「リンジー・スターリング」 Some rights reserved by LeWeb13

バイオリンと融合した次世代エレクトリックミュージック

ここ最近モーターショーなどの記事が多かったので、今回は音楽の話題を。

今、アメリカのiTunesエレクトリックチャートで上位となっているアーティスト
リンジー・スターリング
のセルフタイトル・アルバム『Lindsey Stirling』が思いのほかカッコ良かったのでご紹介したいと思います。

EDM系の楽曲は世界各国で爆発的なブームとなっており、モーターショーに合わせた新車発表でも多くのメーカーが取り入れているジャンルとなっていますが、全体を通してサンプリング系やNI社のMASSIVEなどのソフトウエアシンセサイザーを多用した感じのシンセ一色のサウンドが際立つものがメインだと思われます。



そんな中、生楽器であるバイオリンとエレクトリック、ダブステップなどをミックスし独自性の高い楽曲で注目を集めているのが女性アーティスト「リンジー・スターリング」です。

アナログとデジタルの融合を成し遂げたアルバム『Lindsey Stirling』。

リンジー・スターリング
話題のアーティスト「リンジー・スターリング」Some rights reserved by LeWeb13
リンジー・スターリングはバイオリンを引きながら踊るというスタイルも独特ながら楽曲制作や映像制作まで自身が行っていることでも話題となっておりYouTubeチャンネルやFacebookなどのSNSから始まった口コミで彼女の知名度は今や世界中に広がっています。



ニッキーミナージュのヒット曲「Starship」のカバーバージョン↓


2012年から行われたアメリカとヨーロッパのツアーもSOLD OUTし2013年にはiTunesエレクトロチャートでアルバム『Lindsey Stirling』が1位を記録しその後もトップにランクインし続けています。現在、リンジー・スターリングのYouTubeチャンネル登録者数は360万人を超えており、再生回数はトータル再生数が数億回にのぼり一つの動画でなんと1000万回を超えているものもあります。

僕的にはダブステップが心地よい「Crystallize」がオススメです。



最先端のエレクトロサウンドに合わせた音色は聞いてみる価値の高い作品となっていますのでこれから日本でも人気が高まっていくかもしれません。


日本発のバイオリンロックバンドにも注目。


Sword of the Far East
「Sword of the Far East」Live Rock!!!!!! [DVD]
個人的には日本発のロックxバイオリンのグループで元Do As Infinityの長尾大氏が参加している「Sword of the Far East」ももっと評価されても良いと持っているのでご紹介しておきます。



ソードオブザファーイーストは2008年にサントリー天然水のCMに出演していたほか、最近ではももクロのライブに出演されて話題となっているヴァイオリニストのAYASAさんと、浜崎あゆみさんのSEASONSなどの作曲でも知られる元Do As Infinityの長尾大氏の2人が中心となって活動しており、「ヴァイオリンギターロックインストゥルメンタル」というこちらはロックをメインにしたグループとなっていますのでオススメです。

リンジー・スターリングとSword of the Far East、
弦楽器をメインにした新しいカタチの音楽に今後も注目です!

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。