スポンサーリンク
2014年1月16日木曜日

レクサスCT200hがスピンドルグリルのフロントフェイスを導入

マイナーチェンジしたレクサスCT200h
マイナーチェンジしたレクサスCT200h(画像:LEXUSオフィシャルプレスリリースより)

フロントフェイスをスピンドルグリルに一新したレクサスCT200を発売。


レクサスのハッチバックのコンパクトモデル「CT200h」が現在のレクサスのデザインアイコンである「スピンドルグリル」を導入した大胆なフロントフェイスに一新して1月16日より発売されました。

今回の新型はモデルチェンジではなくマイナーチェンジというカタチでの登場となりますが、強烈なイメージのスピンドルグリルの採用により2011年モデルのCT200hに比べるとデザインがまるで別の車のような変貌を遂げています。

正直、個人的にもかなりカッコ良くなったと思いました。。。



CT200hがダイナミックでスポーティなデザインに進化。

マイナーチェンジしたレクサスCT200h
レクサスCT200h(画像:LEXUSオフィシャルプレスリリースより)

マイナーチェンジ後のCT200hはエクステリアで最初にご紹介したダイナミックな存在感を放つスピンドルグリルやワイド感を強調したフロントバンパーの採用、そしてリヤバンパーを低重心で踏ん張り感のあるデザインに変更するなど2011年モデルのCT200hよりもスポーティなスタイルのモデルとなっています。

また、洗車などによる小さなすり傷を自己修復するセルフリストアリングコートが採用されたボディーカラーを11色設定し、マダーレッドと呼ばれる新しく開発されたカラーも追加されるようです。

インテリアについては本革に近い風合いと手触りを追求した合成皮革のL tex(エルテックス)と呼ばれる表皮を採用したシートが設定され、カラーではシート、内装、オーナメントパネルは80通りの選択肢が用意されるとのことです。

吸音材などの改良で乗り心地や静粛性も向上。




新しいCT200hではデザインだけでなく乗り心地についても見直されているようで、吸音材、遮音材を改良することにより、静粛性と快適性の向上も実現されています。
ボディーのたわみなどを抑えるために様々な改良がなされており走行時の安定性や快適で上質な乗り心地へ進化しているとのこと。


マイナーチェンジしたCT200hの各グレードの価格。

マイナーチェンジしたレクサスCT200h
CT200h F SPORT(画像:LEXUSオフィシャルプレスリリースより)
マイナーチェンジしたレクサスCT200h
レクサスCT200h(画像:LEXUSオフィシャルプレスリリースより)

新たに発売されたCT200hの各グレードの販売価格も公表されており、

ベースモデルとなるCT200hは356万円。
CT200h“version C”は380万円。
CT200h“F SPORT”は421万円。
CT200h“version L”は448万円。

と設定されております。
CT200hの全てのモデルは2WDの車種となっています。



上記の動画はF SPORTのものです。


プレミアムコンパクト更なる飛躍の年?

マイナーチェンジしたレクサスCT200h
レクサスCT200h(画像:LEXUSオフィシャルプレスリリースより)

個人的に今回レクサスがCT200hをスポーティで大胆にマイナーチェンジしたことで、同じようなCセグメントカテゴリに属していると思われるメルセデスベンツの新型AクラスやアウディのA3スポーツバックなどと対抗して今までに購買層ではなかったタイプの方々も含めた人気モデルとなるのでは?と感じます。

コンパクトな実用性とラグジュアリーを適度に兼ね備えた車が国内外問わずデザインも含め昨年に続き今年も多くの層に認められてファンを増やして行くと予想しています。


※掲載しているレクサスCT200hの車両イメージはオプション装備車及び欧州仕様モデルのものです。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。