スポンサーリンク
2014年2月5日水曜日

アストンマーチンとAMGの共同開発では「AMGロゴ」が使用されない事が判明

アストンマーチンとAMGの共同開発では「AMGロゴ」が使用されない事が判明
(Aston Martin V12 Vantage Sの公式プレスリリースより)

アストンマーチンとAMGの共同モデルにAMGロゴは入らないらしい。


昨年末に掲載した記事で、メルセデスベンツの高性能部門を担当する「AMG」とアストンマーチンが技術提携を行い、次世代モデルでエンジンを供給するなどの共同開発を進めるとの発表があり、その際に「もしかするとこの先、AMGのロゴが入ったアストンマーチンのモデルが発売されるかもしれませんね。」とちょっと期待を持たせる感じのコメントを書いていましたが、どうも、AMGロゴの使用は行われないようです。。。

海外メディアなどによると、ダイムラー社の社長さんがアストンマーチンにAMGのロゴは入らないというコメントをしているようです。



AMGとアストンマーチンは極端に密接な関係ではない?

アストンマーチンとAMGの共同開発では「AMGロゴ」が使用されない事が判明
AMGとアストンマーチンのロゴが並ぶ事は無いらしいです。。。

今回、ドイツ・ミュンヘンにて自動車メディア"Autocar"の取材に答えたのはメルセデス・ベンツの代表、ピーター・ゼッツェ氏。

ゼッツェ氏によれば、「将来的にもアストンマーチンにAMGのバッジが付く事はない」という,アストンマーチンのモデルにAMGロゴ的なコラボレーションのようなものに対して具体的な否定コメントをされているようです。

現時点ではエンジン部分と電気系などを共有するという部分での合意を行っただけということですが、将来的にはアストンマーチンに対してメルセデスベンツ製のシャーシを供給する可能性は否定していないとのこと。

個人的にはAMGの名前が新型のアストンマーチンやハイスペックモデルなどに表記されるかも!と期待していたのでちょっと残念ですが、現行アストンマーチンのモデルチェンジや完全な新型モデルが登場する際に、もしかするとメルセデスベンツと多くの部分を共有するものが登場するかもしれません。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。