スポンサーリンク
2014年2月13日木曜日

コルベット博物館の床が崩落!貴重な展示車両8台が落下

コルベット博物館の床が崩落!コルベット8台が穴に落ちる事故
陥没事故による被害で落下したコルベット。(画像:corvettemuseumより引用)

コルベット博物館の床が崩落!コルベット8台が穴に落ちる。

GMの高級スポーツカー「コルベット」を数多く展示している「コルベット博物館(National Corvette Museum)」(米ケンタッキー州)で2月12日に床が突然陥没する事故があり展示中のコルベットが崩落した穴の底へ飲み込まれてしまいました。

CNNなどの報道によると、陥没した穴の大きさは幅が12メートル、深さが6メートルという大規模なもので、この事故での損害額は数百万ドルの規模になると推定されているとのこと。


貴重なコルベットも落下。合計8台の車両が陥没の被害に。

コルベット博物館の床が崩落!コルベット8台が穴に落ちる事故
コルベット博物館の「スカイドームエリア」に空いた巨大な穴(画像:corvettemuseumより引用)
この陥没は営業時間外だった2月12日の午前5時頃に振動検知器が異常を感知したため、係員が駆けつけたところ「スカイドームエリア」と呼ばれる吹き抜けの展示スペースの床に巨大な穴が空いているのが発見されました。

コルベット博物館の床が崩落!コルベット8台が穴に落ちる事故
陥没穴に落下したコルベットの貴重な車両。(画像:corvettemuseumより引用)
今回陥没した穴の中に落ちてしまったのは、展示してあったシボレーコルベット8台で、中には1962年製の「ブラックコルベット」、92年製の「100万台目のコルベット」、93年製の「40周年記念コルベット」なども含まれており、このうち6台はコルベットの愛好家より寄贈されていたもの、あとの2台はGMが所有していた車両となっているようです。

以下より陥没が起こったときの監視カメラの動画↓



以下はコルベットミュージアムが公開したウエスタン・ケンタッキー大学がラジコンのドローンヘリコプターを使って撮影した動画↓



上記のウエスタン・ケンタッキー大学の調査の結果、建物の構造自体にはダメージが無い事が確認されたため、この陥没事故が起こった区域のみを閉鎖し、その他の施設は13日より通常通り開館するようです。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。