スポンサーリンク
2014年2月26日水曜日

日産GT-Rのオープンカー仕様のイメージを米国のカスタムメーカーが公開

日産GT-Rのオープンカー仕様のイメージを米国のカスタムブランドが公開
NCEが公開した日産GT-Rのコンバーチブルイメージ
(画像:Newport Convertible Engineeringの公式FBより引用)

米国のカスタムブランドが日産GT-Rをコンバーチブルにしたイメージを公開。

これは有り?それとも無し?クーペなどのモデルをオープンカーなどちょっとビックリするような仕様にしてしまう「Newport Convertible Engineering」が、新たに日本が世界に誇るスポーツカー「日産GT-R」のコンバーチブル仕様のイメージ画像を公開しました。


格納式?日産GT-Rのコンバーチブルモデル。

日産GT-Rのオープンカー仕様のイメージを米国のカスタムブランドが公開
NCEが公開した日産GT-Rのコンバーチブルイメージ
(画像:Newport Convertible Engineeringの公式FBより引用)
日産GT-Rのオープンカー仕様のイメージを米国のカスタムブランドが公開
NCEが公開した日産GT-Rのコンバーチブルイメージ
(画像:Newport Convertible Engineeringの公式FBより引用)

日産GT-Rは海外のスポーツカーのように、カブリオレ、コンバーチブルといったタイプのモデルが用意されずクーペスタイルの車両のみの展開となっていますが、今回公開された画像は、GT-Rのルーフ部分を完全に取り払ってしまい、布製の格納式と思われるルーフへと変更したものとなっているようです。

日産GT-Rのオープンカー仕様のイメージを米国のカスタムブランドが公開
NCEが公開した日産GT-Rのコンバーチブルイメージ
(画像:Newport Convertible Engineeringの公式FBより引用)
日産GT-Rのオープンカー仕様のイメージを米国のカスタムブランドが公開
NCEが公開した日産GT-Rのコンバーチブルイメージ
(画像:Newport Convertible Engineeringの公式FBより引用)
個人的には横から見たラインはカッコいいと思いますが、角度によってはちょっと、、、。というイメージです。

GT-R以外にもいろんな車をカスタムしているNCE。

ちなみに、この「Newport Convertible Engineering」というカスタムメーカーでは、6輪のロールスロイスやコンバーチブル仕様にしたレンジローバーなど、一風変わったデザインのイメージを公開しているので以下よりご紹介します。
日産GT-Rのオープンカー仕様のイメージを米国のカスタムブランドが公開
NCEがデザインしたレンジローバーのコンバーチブルモデル
(画像:Newport Convertible Engineeringの公式FBより引用)
日産GT-Rのオープンカー仕様のイメージを米国のカスタムブランドが公開
NCEがデザインしたフェラーリ599のコンバーチブルモデル
(画像:Newport Convertible Engineeringの公式FBより引用)
日産GT-Rのオープンカー仕様のイメージを米国のカスタムブランドが公開
NCEがデザインしたロールスロイスファントムクーペのコンバーチブルモデル
(画像:Newport Convertible Engineeringの公式FBより引用)

やはり、もともとコンバーチブルにも出来るようにデザインしてある車ではないので、市販車に近いモデルを除くとちょっとアレな雰囲気ですね。。。

日産GT-Rに限らず、トヨタ86やレクサスLFAもコンセプト止まりでオープンタイプのモデルは現状ではリリースされておらず、コンセプトとしてもオープンが実現されていない日産GT-Rが実際にオープンカーになったとしたらこんな感じなんだなーという新しい認識を持つことが出来ました。

過去にもこの他のチューニングメーカーなどもタルガトップやオープンのGT-Rを製作したりしていたと思うので、ネットで探してみると面白いかもしれません。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。