スポンサーリンク
2014年4月18日金曜日

アストンマーチンDB9に特別なカーボンエディションが登場

アストンマーチンDB9カーボンエディション
アストンマーチンDB9カーボンエディション(画像:プレスイメージより)

アストンマーチンDB9に2色のカーボンエディション。


アストンマーチンがニューヨークモーターショーで公開するのは以前ご紹介した特別仕様モデル「アストンマーチンV8ヴァンテージ・N430」の名称変更版となる「V8 ヴァンテージ GT」と、新たに発表されたアストンマーチンDB9ヴォランテの特別仕様車「DB9カーボンエディション」です。

名称に「カーボン」と入っているのでカーボンファイバーに覆われたようなイメージをしてしまいますが、この名前は「カーボンブラック」と「カーボンホワイト」というボディーカラーの名前。


DB9カーボンエディション。内装にはカーボンファイバーも。

アストンマーチンDB9カーボンエディション
アストンマーチンDB9カーボンエディション・"カーボンホワイト"(画像:プレスイメージより)
アストンマーチンDB9カーボンエディション
アストンマーチンDB9カーボンエディション・"カーボンブラック"(画像:プレスイメージより)

このモデルに設定されるカラーは最初にご紹介したとおり「カーボンブラック」と「カーボンホワイト」の2色となっており、そのほかに内装では実際のカーボンファイバーを使用したアクセントが設定されているとのこと。

アストンマーチンDB9カーボンエディション
アストンマーチンDB9カーボンエディション(画像:プレスイメージより)
アストンマーチンDB9カーボンエディション
アストンマーチンDB9カーボンエディション(画像:プレスイメージより)

ここからはオプション扱いですが、ミラーキャップやリアディフューザーなどのパーツをカーボンファイバー製のものに設定する事も可能という事ですが、正直、ニューヨークモーターショーでは米国市場向けのモデルとアメ車が中心となっているようで欧州車などはあまり大きな発表は行っていない印象ですね。

アストンマーチンDB9カーボンエディション
アストンマーチンDB9カーボンエディション(画像:プレスイメージより)

ニューヨークモーターショーの後、4月20日から開催される北京モーターショーでは、(アストンマーチンは分かりませんが)中国の富裕層などにアピールするため、各社が何かしらのモデルを用意していると思われます。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。