スポンサーリンク
2014年4月15日火曜日

シボレーコルベットZ06にコンバーチブルが登場

シボレー・コルベットZ06コンバーチブル
シボレー・コルベットZ06コンバーチブル(画像:プレスイメージより)

シボレー・コルベットZ06コンバーチブルが登場。


昨年のデトロイトモーターショーにて発表された高性能車となる新型の「コルベットZ06」のクーペモデルに続き、4月16日から開幕するニューヨークモーターショー14にて新たにオープンモデルとなる「シボレー・コルベットZ06コンバーチブル」が登場する事が発表されました。

ソフトトップが採用されたコンバーチブルモデルの基本性能は昨年発表されたクーペスタイルのコルベットZ06と同様のものとなっており、最大出力634psの直噴6.2リッターV型8気筒ガソリンエンジンを搭載しているほか、エアロパーツなどにカーボンファイバーを使用するなどスポーティな性能と外観を持ったモデルとなります。


「シボレー・コルベットZ06コンバーチブル」は最強のコンバーチブル?

シボレー・コルベットZ06コンバーチブル
シボレー・コルベットZ06コンバーチブル(画像:プレスイメージより)

今回登場が発表された新型の「シボレー・コルベットZ06コンバーチブル」は、最初にご紹介した通り最大出力634psの直噴6.2リッターV型8気筒ガソリンエンジンを搭載し7速マニュアル、8速オートマティックが組み合わせた「今までのシボレーブランドで最もパワフルなコンバーチブルモデル」となっているようで、オープンタイプのスポーツカーとしては、他社のモデルを含めてもかなり強力な部類のモデルになると考えられます。

シボレー・コルベットZ06コンバーチブル
シボレー・コルベットZ06コンバーチブル(画像:プレスイメージより)
シボレー・コルベットZ06コンバーチブル
シボレー・コルベットZ06コンバーチブル(画像:プレスイメージより)
シボレー・コルベットZ06コンバーチブル
シボレー・コルベットZ06コンバーチブルのエンジン(画像:プレスイメージより)
シボレー・コルベットZ06コンバーチブル
シボレー・コルベットZ06コンバーチブルの内装(画像:プレスイメージより)
シボレー・コルベットZ06コンバーチブル
シボレー・コルベットZ06コンバーチブルのシート(画像:プレスイメージより)

実際のところ、屋根を開けた状態でそこまでの性能をフルで発揮させる事は少ないかもしれませんが、50km/h以下で開閉が可能なソフトトップを搭載し、性能もスタイルも抜群というまさに「スポーツカーらしいスポーツカー」だと感じます。

シボレー・コルベットZ06コンバーチブル
シボレー・コルベットZ06コンバーチブル(画像:プレスイメージより)

今回公開された「シボレー・コルベットZ06コンバーチブル」のイメージ画像ですが、個人的にもこのブルー+ブラックの組み合わせはかなりカッコいいと感じました。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。