スポンサーリンク
2014年4月15日火曜日

新型の「日産・ムラーノ」が登場。フルモデルチェンジした3代目モデル

新型の「日産・ムラーノ」
フルモデルチェンジした日産「ムラーノ」(画像:プレスイメージより)

日産・ムラーノがフルモデルチェンジ。


日産のクロスオーバーSUV車「ムラーノ」がフルモデルチェンジして新たに3代目として登場する事が発表されました。

ニューヨーク・モーターショー14で世界初公開される新型「ムラーノ」は、現在の日産が他のSUVでも採用している「V-モーションシェイプ」といわれるフロントフェイスを採用したデザインとなっており、昨年デトロイトモーターショーで公開されたコンセプトカー「レゾナンス・コンセプト」の方向性を具体化した市販モデルとなっているようです。


新型ムラーノは未来的で高級感のあるデザインとインテリアに。

新型の「日産・ムラーノ」
新型ムラーノはコンセプトカーから継承した斬新なスタイルのデザイン。

日産自動車の最上級クロスオーバーとなる「ムラーノ」ですが、新型では外観デザインやインテリアの質感などにもかなり力が入れられており、最初にも記載した「レゾナンス・コンセプト」からの影響力の強さが伺える未来的な外観を持っているほか、質感の高い素材でインテリアを構成する事により。心地よく魅力的な空間を目指したものとなっているとのこと。

新型の「日産・ムラーノ」
3代目となる新型ムラーノを正面から。

新型の「日産・ムラーノ」
3代目となる新型ムラーノを後ろから。

新型の「日産・ムラーノ」
新型ムラーノ収納スペース。

 新型ムラーノのインテリア(内装)のイメージは以下より。
新型の「日産・ムラーノ」
新型ムラーノのインテリア(内装)デザイン・コックピット
新型の「日産・ムラーノ」
新型ムラーノのインテリア(内装)デザイン・助手席側から。
新型の「日産・ムラーノ」
新型ムラーノのインテリア(内装)デザイン・後部座席はこのようなデザイン。




また、大型のパノラミックルーフや、オプションでBOSEのスピーカーシステムが選択出来るほか、レザーシートカラーも3色から選べるようになります。

新型ムラーノのスペックと燃費。

新型の「日産・ムラーノ」
軽量化で新型ムラーノは燃費も多少向上?

今回発表された新型ムラーノには「3.5リットルのV型6気筒ガソリンエンジン」が搭載されており、トランスミッション・XトロニックCVTが組み合わせられた仕様となるようで、駆動方式にはFFと4DWが設定されるという事です。

新型ムラーノの燃費性能については、現時点では詳細な数値は不明ながら、ボディーの重量が軽量化されたことなどから2代目ムラーノに比べて20%程度向上したものになっているようです。

新型ムラーノは2014年後半から順次発売?

2014年後半から米国で投入される新型ムラーノの日本発売は来年?

今回、新型ムラーノは米国で開催されるニューヨーク・モーターショー14で世界初公開されると発表されており、今年2014年の後半から米国市場へ投入される予定となっているとのこと。

今のところ価格は公表されていませんが、現行モデル(2代目ムラーノ)が300万円台前半からの設定なので大きな変更は無いものと予想されますが、上記のNYモーターショーを含め、今後、さらに詳細な映像や画像、情報なども明らかになっていくものと思われます。

詳細は分かりませんが、米国市場への投入次期で考えると、はやくても同時期か、来年2015年の春頃には日本でも販売されるかもしれません。

【関連記事】
メルセデスベンツのエンジンを搭載した「日産スカイライン200GT-t」が登場
ついに洗車が不要に?日産が革新的な特殊コーティングをテスト中!
日産・インフィニティ「Q60コンセプト」を初公開
雪上を走るためとんでもない姿になった日産「ジューク・NISMO・RSnow」がスゴい!
日本刀からインスピレーションを得てカスタムされた日産GT-Rがスゴい

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。