スポンサーリンク
2014年4月19日土曜日

スバルが新型「レガシィ・アウトバック」を発表。モデルチェンジした5世代目が登場へ

スバルの新型「レガシィ・アウトバック」
スバルの新型「レガシィ・アウトバック」(画像:プレスイメージより)

モデルチェンジした「レガシィ・アウトバック」の新型が登場。


ニューヨークモーターショー14にて、スバルは最上級クロスオーバーSUVモデルとなる新型の「レガシィ・アウトバック」(海外での名称はアウトバック)を発表しました。

昨年にはレガシィ・ツーリングワゴンの後継車種となる「スバル・レヴォーグ」が、今年の2月に開催されたシカゴモーターショーにてセダンモデルのレガシィB4の新型がすでに発表されており、それに続くカタチでクロスオーバーSUVのレガシィ・アウトバックにも5代目となる新たなモデルが登場する事になります。


新型「レガシィ・アウトバック」の内外装デザイン。

スバルの新型「レガシィ・アウトバック」
スバルの新型「レガシィ・アウトバック」外装(画像:プレスイメージより)

新しい5世代目となるレガシィ・アウトバックは、先に発表されている新型レガシィと共通したデザインが取り入れられたものとなっており、ヘッドライトやグリルなどが共通のデザインイメージを持っています。

スバルの新型「レガシィ・アウトバック」
スバルの新型「レガシィ・アウトバック」外装(画像:プレスイメージより)

違いとしては、やはり「クロスオーバーSUV」というカテゴリのモデルとなるレガシィ・アウトバックでは通常のレガシィに比べて最低地上高が高く設定され悪路での走行性を高めたスタイルとともにプロテクションパネルやロープフックが追加されたルーフレール、大型フォグランプなどが採用されています。

また、テール&ストップランプの光源にLEDを採用しており、質感を高めるとともに、燃費の向上及び夜間の視認性も向上されているとのこと。

スバルの新型「レガシィ・アウトバック」
スバルの新型「レガシィ・アウトバック」内装(画像:プレスイメージより)
スバルの新型「レガシィ・アウトバック」
スバルの新型「レガシィ・アウトバック」内装(画像:プレスイメージより)
スバルの新型「レガシィ・アウトバック」
スバルの新型「レガシィ・アウトバック」(画像:プレスイメージより)
スバルの新型「レガシィ・アウトバック」
スバルの新型「レガシィ・アウトバック」(画像:プレスイメージより)

インテリア(内装)では、「コンフォート&スポーティー」(快適と活動的なイメージ)をテーマにしたデザインが採用され、クロスオーバーSUVらしいスポーティなコックピットと、快適性や質感も向上された内装を併せ持つスタイルを実現しているようです。



新型「レガシィ・アウトバック」は乗り心地も向上。

スバルの新型「レガシィ・アウトバック」
スバルの新型「レガシィ・アウトバック」(画像:プレスイメージより)
スバルの新型「レガシィ・アウトバック」
スバルの新型「レガシィ・アウトバック」(画像:プレスイメージより)

今回発表された新型のレガシィ・アウトバックでは、シャシー、ステアリング、サスペンション、ブレーキなどのあらゆる点を見直すことによりクラスを超えた高い走行性能を追求し、乗り心地についても1ランク上の上質な走りを実現していると発表されています。

新型「レガシィ・アウトバック」のスペックと燃費とサイズ。

スバルの新型「レガシィ・アウトバック」
スバルの新型「レガシィ・アウトバック」(画像:プレスイメージより)

新型「レガシィ・アウトバック」にはレガシィのセダンモデルと同じく、最大出力175hp、最大トルク24kgmを発生する2.5リッターの水平対向4気筒ガソリンエンジンが搭載されるほか、256hp/6,000rpmの3.6リッター水平対向6気筒DOHCエンジンのモデルも用意されます。

2.5リッターのモデルでは、吸気音をチューニングし、心地良いエンジンサウンドを実現し、3.6リッターのモデルでは環境対応を可能とするマイコンを搭載し、より軽量となった次世代ECUが採用されています。

スバルの新型「レガシィ・アウトバック」
スバルの新型「レガシィ・アウトバック」(画像:プレスイメージより)

気になるのは燃費ですが、新型「レガシィ・アウトバック」は高速走行時で14km/リットル(2.5リッターモデル)となっており、ガソリンエンジンの大型クロスオーバーSUVなので、エコカーやディーゼルに比べると見劣りしてしまいそうですが、少し前の同様のカテゴリの車種と比較すれば確実に低燃費になっている印象です。

新しい「レガシィ・アウトバック」のサイズは全長4817×全幅1840×全高1680mmでホイールベースは2745mmと公表されています。

新型「レガシィ・アウトバック」の価格と発売時期。

スバルの新型「レガシィ・アウトバック」
スバルの新型「レガシィ・アウトバック」(画像:プレスイメージより)

今回ニューヨークモーターショー14で発表された新型の「レガシィ・アウトバック」は、発売日や価格などについては現時点では詳細は不明ですが、もともとあるモデルのモデルチェンジというカタチなので大きな価格変更などは行われないものと予想されるほか、報道によれば今年2014年のうちにも日本で発売が開始される見通しとのことなので、今後遠くない時期に日本向けにも新たな情報が発表されるものと思われます。

新型のレガシィ・アウトバックが米国IIHSの最高評価を獲得!


ニューヨークモーターショーで発表された後、7月より北米での販売が開始された新型のレガシィ・アウトバックが、新たに米国の道路安全保険協会「IIHS」の安全評価(2014年度)にて最高評価となる「トップセイフティピック+」を獲得したようです。

今回「トップセイフティピック+」に認定されたのはレガシィ・アウトバックと新型レガシィで、衝突テストでの安全性のほか、新型のEyeSightを搭載した事による前面衝突予防性能の高さなども高い評価となっており、安全性能の高さは今後のレガシィ・アウトバックの米国、そして日本での販売の追い風となりそうな予感です。(2014/8/26更新)

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。