スポンサーリンク
2014年5月28日水曜日

Googleが独自開発した自動運転車のプロトタイプを初公開!

Googleが独自開発した自動運転車のプロトタイプを初公開!
Googleが独自開発した自動運転車のプロトタイプ(画像:プレスイメージより)

googleが独自開発の自動運転車を初公開!


Googleは初の自社開発モデルとなる自動運転車のプロトタイプを公開しました。

今回発表された試作車は2人乗りのコンパクト2シーターモデルとなっており、ステアリングホイール(ハンドル)やアクセル、ブレーキすら搭載されておらず、センサーやカメラなどのドライバー支援システムを使って完全な自動運転を行ってしまうという、ある意味とてもGoogleらしい仕様になっているようです。


Googleが車の概念を覆す!?ドライバーは乗るだけの自動運転車。

Googleが独自開発した自動運転車のプロトタイプを初公開!
Googleの自動運転車にはハンドルもブレーキもアクセルも無し!(画像:プレスイメージより)
ついにGoogleが独自に車を製造し始めた!という時点でも結構驚きですが、
最初にもご紹介しましたが、この車の最大の特徴は「何も無い」という部分。

ハンドルも、アクセルも、ブレーキも付いていないというこのGoogleの試作車に装備されているのは、シートとディスプレイ、そしてカップホルダーだけというドライバーが行う運転操作に関係するものが全て排除された驚愕の構造になっています。



この試作車両は今年の夏にも試験走行を開始し、今後2年間で100台程度の試作モデルを生産するとの事ですが、さすがにこのまま走行テストを行うのは色々と危ないので、今のところは各種運転に必要な装備を搭載した試作車で走行試験を行うようです。

なんだかアニメや映画で見たような、すごくベタな未来予想が現実になったような感じですね。。。


スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。