スポンサーリンク
2014年10月20日月曜日

「フェラーリ458イタリア」のマイナーモデルチェンジ車は来春登場?

「フェラーリ458イタリア」のマイナーモデルチェンジ車は来春登場?
フェラーリ458イタリアの新型「M」バージョンは来春に発表?
(画像は現行の458イタリアのプレスイメージより)

「フェラーリ458イタリア」の新型モデルは来春登場?


フェラーリでは、ビッグマイナーチェンジと呼ばれるモデルチェンジモデルをもとの車両の発売から4年をメドにして行う方針であることをFCA(フィアット クライスラー オートモービルズ)がフェラーリ部門の事業計画により発表していましたが、その計画の通り、「M」バージョンと言われているモデルチェンジが「フェラーリ458イタリア」で行われるようです。


新型はマクラーレンを意識した性能の「フェラーリ458M」?排気量が変更とのウワサも。

「フェラーリ458イタリア」のマイナーモデルチェンジ車は来春登場?
ビッグマイナーモデルチェンジとなるフェラーリ458イタリアの後継はマクラーレン650Sを意識した性能?
(画像は現行の458イタリアのプレスイメージより)

海外メディアAutocarの報道によると、内部で「145M」のコードネームで呼ばれているフェラーリ458シリーズの後継車種は、事業計画の通りフルモデルチェンジではなく、現行の458をベースにしたマイナーモデルチェンジ的なカタチで登場するものとみられており、このモデルは中国市場での排気量に伴って掛かる税金に配慮して現行モデルよりもダウンされたツインターボエンジンが搭載されるのではないかと考えられているようです。

「フェラーリ458イタリア」のマイナーモデルチェンジ車は来春登場?
画像はフェラーリ458イタリアに搭載されているエンジン。次期モデルでは中国市場を意識した排気量になるとのウワサも。(画像:458イタリアのプレスイメージより)

ただ、基本的な性能については、マクラーレンの高性能モデル「650S」を意識して開発を行っているらしく、同じ程度か、またはそれ以上のパワーのスポーツカーとして登場する可能性もあるとのこと。

関連記事:フェラーリが2018年まで4年連続で新型車を投入へ!

海外メディアなどでは仮の名前として「フェラーリ458M」とも呼ばれている新型車は来年のジュネーブモーターショーにて発表される予定となっているようですが、もしも本当に排気量が変更になった場合、4.5リットルのエンジン排気量と8気筒を表す「458イタリア」という名前が、上記の理由によって違う排気量の名前になってしまうのか、それとも継続して458の名が使用されていくのかも気になるところです。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。