スポンサーリンク
2014年10月17日金曜日

ロンドンで「ランボルギーニ・カウンタック」が路上に放置され話題に

ロンドンで「ランボルギーニ・カウンタック」が路上に放置され話題に
ロンドンのタワーブリッジの近くに放置され警察に移動されるカウンタック。
(画像:The Telegraph“Lamborghini abandoned on Tower Bridge gets removed"より引用)

「ランボルギーニ・カウンタック」がロンドンで放置されレッカーされる。


富裕層や中東の王族などのスーパーカーが走り回ることでもニュースになるロンドンですが、先日、「ランボルギーニ・カウンタック」がロンドンのタワーブリッジに近い路上に乗り捨て状態で放置され警察がレッカー移動するという珍しい事件が話題となりました。


乗り捨て?ロンドンの名所近くで「ランボルギーニ・カウンタック」が大胆に放置。

ロンドンで「ランボルギーニ・カウンタック」が路上に放置され話題に
これだけ目立つスーパーカーを何故このまま放置してしまったのかも不思議ですね。
(画像:The TelegraphLamborghini abandoned on Tower Bridge gets removed"より引用)

自動車メディアはもちろん、一般のメディアでも多数報じられていた今回の珍事は、ロンドンの有名なタワーブリッジのすぐ近くの路上にホワイトの「ランボルギーニ・カウンタック」が乗り捨てたような状態で放置されており、警察が車両をレッカー車で撤去してしまったというもの。



詳細については不明ながら、警察はカウンタックの押収後にこの車両の所有者を見つけて、オーナーは最終的に逮捕(その後釈放)されてしまったようです。
(参考:telegraph.co.uk

ロンドンで「ランボルギーニ・カウンタック」が路上に放置され話題に
カウンタックは荷台に載せられ警察車両とともに走り去っていきます。
(画像:The Telegraph“Lamborghini abandoned on Tower Bridge gets removed"より引用)

一部ではレプリカなのでは?という話があったりと、その辺りも詳しくは分かりませんが、mirror.co.ukの報道によると、ランボルギーニ・カウンタックは車線の一部をブロックしており、警察によると今回の放置の原因は「ガソリン不足」が原因だったとのこと。

ロンドンでは今までにもスーパーカーの違法駐車でニュースになることなどはありましたが、「スーパーカーの乗り捨て」で話題となるのはかなり珍しいのではないでしょうか?

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。