スポンサーリンク
2014年11月10日月曜日

日本のショップとチューナーが「BMW i3」をコラボレーションしてカスタム!

日本のショップとチューナーが「BMW i3」をコラボレーションしてカスタム!
国内のBMWの専門店とチューナーがコラボしたBMW i3のカスタムモデルを公開。
(画像:3D DesignのオフィシャルFBより引用)

国内チューナーとショップがカスタムした「BMW i3」


BMWのコンパクト電気自動車「i3」をベースに日本の「Studie」と「3D Design」がコラボレーションして製作されたカスタム仕様車「3D Design x Studie i3(The Studie/3D Design i3 project)」が海外のBMWニュースサイトにて公開されました。


Mモデルのように鮮やかなオレンジが特徴的な「3D Design x Studie i3」

日本のショップとチューナーが「BMW i3」をコラボレーションしてカスタム!
インパクトのあるオレンジカラーが印象的なBMW i3のコラボレーションモデル。
(画像:3D DesignのオフィシャルFBより引用)

BMWの情報を専門に扱う有名サイトBMW BLOGにて公開されたのは、日本のBMWの専門ショップとして展開している「Studie」と、同じく国内のBMWチューナーである「3D Design」がコラボレーションして製作したBMW i3のチューニングモデルとなっており、ベースモデルとなっているi3に比べると外観のインパクトが強いアグレッシブなデザインに仕上げられています。

日本のショップとチューナーが「BMW i3」をコラボレーションしてカスタム!
サイドのサンダーボルトロゴが印象的。(画像:3D DesignのオフィシャルFBより引用)
日本のショップとチューナーが「BMW i3」をコラボレーションしてカスタム!
インテリアも外観に合わせたオレンジカラーに。(画像:3D DesignのオフィシャルFBより引用)
日本のショップとチューナーが「BMW i3」をコラボレーションしてカスタム!
(画像:3D DesignのオフィシャルFBより引用)

もともと、通常のBMW i3にもオレンジがイメージカラーとして設定されていますが、このモデルでは、インテリア・エクステリアの全体にファイヤーオレンジと呼ばれる「BMW M3 GTS」などに採用されていたような明るめのオレンジが設定されているほか、フロントデザインの変更やルーフスポイラーの取り付けも行われているようです。

日本のショップとチューナーが「BMW i3」をコラボレーションしてカスタム!
(画像:3D DesignのオフィシャルFBより引用)

先進的で都会的なイメージのある「BMW i3」を際立ったスタイルに変更した今回のコラボレーションモデルですが、以前ご紹介していた、同じく日本のチューナーが手掛けた「BMW i3」のカスタム仕様「EVO i3」とはまた違った方向性で個性的な仕上がりになっているように感じられます。

※「3D Design x Studie i3」という名称は、Studieの公式ブログに、「The Studie/3D Design i3 project」という名称は3D Designの公式ブログに掲載されていたもので、正式な名称が分からなかったため両方掲載しております。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。