スポンサーリンク
2014年12月21日日曜日

マツダ・ロードスターとプラットフォームを共有するのはアルファロメオではなくアバルトに?

マツダ・ロードスターとプラットフォームを共有するのはアルファロメオではなくアバルトに?
マツダ・ロードスターとプラットフォームを共有する新型モデルはアルファロメオではなく「フィアット」か「アバルト」のモデルとして登場?(画像はマツダの新型ロードスターのプレスイメージより)

「マツダ・ロードスター」のプラットフォームはアルファロメオではなくフィアット、アバルトで採用?


新型のマツダ・ロードスターは、発表前よりアルファロメオの新型車とプラットフォームを共有して開発されると報道されていましたが、現在、この計画は無くなっており、アルファロメオではなくフィアットの高性能モデルを手掛ける「アバルト」から登場する可能性があるようです。


フィアットまたはアバルトの新型スポーツカーをマツダの工場で生産?

マツダ・ロードスターとプラットフォームを共有するのはアルファロメオではなくアバルトに?
今回のニュースを報じているcarmagazine.co.ukの記事。

今回のニュースは英国の自動車メディア「carmagazine.co.uk」が報じたものとなっており、記事によると以前より報じられていたマツダとアルファロメオの共同開発モデルについて、「マツダ・ロードスター」(MX-5)のプラットフォームを共有した「アルファロメオ・スパイダー」を開発する計画が無くなり、次期「スパイダー」は同社の独自開発となることをアルファロメオ、マセラティのチーフが明かしたと伝えています。


少し残念なこのニュースですが、同メディアの記事によると、今回消滅したアルファロメオの新型車の代わりに、ロードスターのプラットフォームは「フィアット」または「アバルト」の新型車で共有される可能性があり、こちらのモデルはロードスターのシャーシを使用したイタリアンなデザインのコンバーチブルタイプのスポーツカーとして広島のマツダの工場で生産が開始されるとも紹介されているので、計画どおりなら、アルファロメオとはまた違った「フィアット」か「アバルト」のバッチの付いた新たなモデルが登場することになるようです。


マツダの新型ロードスターのプラットフォームで「フィアット」や「アバルト」のスポーツカーとなると、どのようなモデルが登場するのか楽しみですね。

ちなみに2015年に登場が予定されているようなので、続報などがあればお伝えしたいと思います!

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。