スポンサーリンク
2014年12月2日火曜日

F1で協力する「マクラーレン」と「ホンダ」、市販車の開発では提携せず

F1で協力する「マクラーレン」と「ホンダ」は市販車では提携せず
F1でパートナーシップを結ぶ「マクラーレン」と「ホンダ」ですが、市販車での提携は行わないようです。
(画像はマクラーレン650Sスパイダーのプレスイメージより)

「マクラーレン」と「ホンダ」の提携は市販車では行わず。


来シーズンよりサプライヤーとしてF1へ復帰するホンダ、そしてパートナーとして再び協力することとなるマクラーレンですが、この協力関係は「F1」のみで、ロードカーなどでの提携は行われないようです。


マクラーレンとホンダ「市販車で提携する意向が無い」関係者がインタビューでコメント。

F1で協力する「マクラーレン」と「ホンダ」は市販車では提携せず
関係者へのインタビュー内容として「マクラーレンとホンダがロードカーの開発で提携する意向が無いという趣旨のコメントを掲載しています。(画像:drive.com.auより引用)

海外自動車メディアのdrive.com.auの報道によると、マクラーレンのグローバルセールス&マーケティングディレクターであるJolyon Nashが同メディアのインタビューにて、マクラーレンはホンダとのロードカー開発での提携する意向がないという趣旨のコメントをしたようです。

また、記事ではマクラーレンは純粋な独立したマクラーレンのクルマを作り、他のメーカーとの提携を行う必要がないという内容も掲載されているので、現時点ではホンダとマクラーレンのパートナーシップは完全に「F1」部門のみでのものであり、市販向けモデルでのコラボレーションなどは計画されていないことを窺い知ることが出来ます。

F1で協力する「マクラーレン」と「ホンダ」は市販車では提携せず
加えて、マクラーレンの市販モデルでは、SUVや4ドアモデルなどの投入も計画していないようです。
(画像はマクラーレン650Sのプレスイメージより)

そして、インタビューではそれに加え、マクラーレンはスポーツカーの会社であり、「生産を想像することが出来ない」というカタチでSUVや4ドア、3ドアなどの実用性の高いモデルの生産も否定する内容となっており、今後もマクラーレンは市販向けモデルではスポーツカーだけを販売する方向であることも確認出来る内容となっています。

マクラーレンはここ数年で複数の高性能車を投入しており、2015年にも新型のエントリークラスのスポーツカー「マクラーレン・スポーツシリーズ」を新たにリリースする予定ですが、確かに、今のマクラーレンから4ドア車やSUVのようなクルマがリリースされるとはあまりイメージ出来ませんね。

関連記事
マクラーレンが2015年に新型モデル「マクラーレン・スポーツシリーズ」を発表へ

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。