スポンサーリンク
2015年2月17日火曜日

これって何色?プロ野球選手、C.J.ウィルソンのマクラーレンP1がスゴい!

マクラーレンP1 カラー
米国のプロ野球選手が所有するマクラーレンP1は、一体何色なのか分からないド派手なカラー。
(画像:CarNinjaより引用)

プロ野球選手が「マクラーレンP1」がスゴいカラーに!


世界最高レベルのスーパーカーをこんなスゴいカラーにしてしまうとは、まさにアメリカンドリームですね。

マクラーレンの最上位モデルとして2013年に発表された「マクラーレンP1」は、1台が1億円、世界で375台限定というただでさえ希少で、近未来的なスタイルや驚異的な性能を有するモデルですが、アメリカのプロ野球選手であるC.J.ウィルソン氏が所有している車両は、そんな「P1」をさらにド派手なカラーに仕上げてしまった大胆なものとなっています。


特注モデルで光の当たり方や角度の違いで色が変わる!?

マクラーレンP1 カラー
この角度から見ると、サイドはピンクっぽい色ですが、、、。(画像:CarNinjaより引用)

今回の写真は、自動車関連のソフトウェア会社「CarNinja」が同社のFacebookページにて公開しているもので、C.J.ウィルソン氏のマクラーレンP1は、光の当たり方や異なる角度から見ることにより様々な色に変化するというマジョーラ系のカラーがボディーに設定され、ゴールドのホイールと組み合わせられた、一言で何色なのか表すのが難しいレベルのモデルとなっています。

マクラーレンP1 カラー
真横に来るとピンクに見えていた部分はブルーに。(画像:CarNinjaより引用)
マクラーレンP1 カラー
斜め後ろから見るとブルーだった場所はオレンジに。(画像:CarNinjaより引用)
マクラーレンP1 カラー
青空の下や、夕暮れなどではどのように見えるのかも気になります。(画像:CarNinjaより引用)

おそらく、この車種に限っては世界でもほとんど存在しないと思われる独特なカラーのP1ですが、詳細は不明ながらこのモデルはマクラーレンのビスポーク部門「MSO」が手掛けたもののようで、ガレージの中でもこのような鮮やかな見え方なら、晴れた日の屋外や実際に走っている姿なら、一体どんな風に見えるのかも気になりますね。

【関連記事】
実業家のオーダーでマクラーレンP1が特注のガルフカラーに!
走るアート?目立ちすぎるカラーのランボルギーニ・アヴェンタドールがスゴい
ランボルギーニをマットブラックにする工程とマットカラーのお手入れ方法
芸術的!絵画のようなカラーの「ランボルギーニアヴェンタドール・ロードスター」
【動画】「フェラーリF40」を戦闘機みたいなマットグリーンカラーにカスタム!

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。