スポンサーリンク
2015年3月1日日曜日

ついにシトロエンの名前が消えた!?「DS5」がマイナーモデルチェンジへ

ついにシトロエンの名前が消えた!?「DS5」がマイナーモデルチェンジへ
シトロエンから独立し「DS5」のみとなったマイナーチェンジ車。(画像:プレスイメージより)

シトロエンから独立した「DS5」のマイナーチェンジ仕様。


シトロエン・DSラインのフラッグシップモデルとして、ハッチバックとステーションワゴンと、クーペとシューティングブレークが全て合わさったようなデザインのクロスオーバーSUV「シトロエンDS5」が、デビュー以来初となるビッグマイナーモデルチェンジを行うことが発表されました。

今回のマイナーチェンジでの注目点としては、今までのモデルで車名に付いてた「シトロエン」の名前が無くなり「DS5」のみとなっている部分です!


新しい「DS5」は、大きなデザイン変更が行われたビッグマイナーチェンジに。

ついにシトロエンの名前が消えた!?「DS5」がマイナーモデルチェンジへ
マイナーチェンジとは思えない大きなデザイン変更。(画像:プレスイメージより)

ジュネーブモーターショーにて初公開される新しい「シトロエンDS5」は、昨年9月に当サイトでもご紹介した「シトロエン」から「DS」が新たなブランドとして独立するという話が具体化されたモデルとなっており、車名は単体で「DS5」、フロントデザインも以前のシトロエンロゴをモチーフにしたものではなく、新しいものに変更されるなどしています。

ついにシトロエンの名前が消えた!?「DS5」がマイナーモデルチェンジへ
シトロエンのロゴも無くなっています。(画像:プレスイメージより)
ついにシトロエンの名前が消えた!?「DS5」がマイナーモデルチェンジへ
インテリアについては変更前に近いものとなっているようです。(画像:プレスイメージより)
ついにシトロエンの名前が消えた!?「DS5」がマイナーモデルチェンジへ
ヘッドライトのデザインも変わっています。(画像:プレスイメージより)

また、ヘッドライトやテールランプ、バンパーなどのデザイン変更に加え、飛行機のコックピットをイメージしたというインテリアは引き続き採用されているものの、タッチドライブと呼ばれる液晶モニターであらゆる操作を行えるようになっているなど、完全なモデルチェンジにも近いマイナーチェンジとなっているようです。

ちなみに以下は2012年モデルの「シトロエンDS」の画像です。
ついにシトロエンの名前が消えた!?「DS5」がマイナーモデルチェンジへ
2012年モデルのシトロエンDS5(画像:プレスイメージより)
ついにシトロエンの名前が消えた!?「DS5」がマイナーモデルチェンジへ
2012年モデルのシトロエンDS5(画像:プレスイメージより)

2012年モデルと今回の新型を比べてみると共通している部分もあれば、全く違うデザインとなっている場所もありますね。

こちらの新しい「DS5」は、6月より欧州での販売がスタートするようですが、「DS」というブランドで登場したこのモデルの日本での販売がどのようになるのかも気になるところです。

【関連記事】
2015年にヨーロッパでシトロエンから「DS」が新たなブランドとして独立?
シトロエンがフランスのファッションブランドとコラボしたDS3のコンセプトを公開
「Benefit(ベネフィット)」とコラボしたクールでキュートなシトロエンDS3が登場
安室奈美恵の「BRIGHTER DAY」のPVに「シトロエンCX」が登場

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。