スポンサーリンク
2015年3月21日土曜日

市販化が期待される「世界の最新コンセプトカー」2015年版

コンセプトカー
これから市販化される可能性のある最新コンセプトカーをまとめてみました!
(画像:
Some rights reserved by stevelyon

今後実際に市販化されるかもしれないコンセプトカー。


世界各国の自動車メーカーが将来的なデザインや技術の方向性を表現し、モーターショーなどで公開している「コンセプトカー」には、完全に未来の乗り物的なスタイルで、実際にどうやって乗ったり運転するの?という雰囲気のモデルとともに、これはそのまま市販されても受け入れられそう!と感じられるスタイルに仕上げられたモデルも多く発表されています。

そこで今回は、そんな多数のコンセプトカーの中でも、すでに市販化が決定している、または市販化が検討されていたり可能性が高そうな最新モデルをまとめてご紹介していきたいと思います!


市販化される可能性が高い最新コンセプトカーまとめ。

コンセプトカー 市販化
現時点で生産が決定していたり、今後市販化の可能性がありそうなモデルなどを掲載しています。
(画像: Some rights reserved by Thibault Le Mer | Photography

今回ご紹介するコンセプトモデルは、現時点で市販化が決定していたり、その可能性が高いものを中心にまとめていますが、ここに掲載されている画像や性能などの情報は、あくまでコンセプトカーとして発表された時点でのものとなっています。

また、自動車ブランドの将来的な方向性を示したデザインスタディなどと割り切られており、現時点では市販化の計画が無いコンセプトカーも一部含まれていますが、ご了承ください。

市販化されそうなコンセプトカー(スポーツカー&スーパーカー)


まず最初に、市販化されるかもしれない、または決定している完成度の高いスポーツカーとスーパーカーのコンセプトカーをご紹介していきたいと思います。

「MINIスーパーレジェーラ・ヴィジョンコンセプト」

コンセプトカー MINIスーパーレジェーラ・ヴィジョン
MINIとコーチビルダーがコラボしたコンセプトカー「MINIスーパーレジェーラ・ヴィジョン・コンセプト」
(画像:プレスイメージより)

MINIスーパーレジェーラ・ヴィジョンコンセプト」は、2014年にミラノに拠点を置くコーチビルダーの「ツーリングスーパーレジェーラ」がMINIとコラボレーションして開発したオープントップの2シータースポーツカーコンセプトです。

コンセプトカー MINIスーパーレジェーラ・ヴィジョン・コンセプト
クラシカルな「MINIスーパーレジェーラ・ヴィジョン・コンセプト」(画像:プレスイメージより)

実際に需要も高そうなクラシカルなスタイルのコンセプトカーですが、今後数年以内に市販化される可能性が報じられています。

「レクサスLF-LC」コンセプトカー

コンセプトカー レクサスLF-LC
「レクサスLF-LC」コンセプトカー。(画像:プレスイメージより)

レクサスが2012年に公開したコンセプトカー「レクサスLF-LC」については、当サイトでも以前よりウワサを何度かご紹介していますが、2014年の後半に、このモデルをベースにしたスポーツカーが生産されるというニュースを海外メディアが報じており、正式発表が無いため真偽は不明ながら「メルセデスベンツSクラスクーペ」や「マセラティ・グランツーリスモ」を意識した立ち位置になるのではないかとも考えられています。

コンセプトカー レクサスLF-LC
「レクサスLF-LC」は最上位クーペとして登場とのウワサも。(画像:プレスイメージより)

「ランボルギーニ・アステリオン」コンセプトカー

コンセプトカー ランボルギーニ・アステリオン
PHVコンセプトカー「ランボルギーニ・アステリオン」(画像: Some rights reserved by R. d. D. r.

ランボルギーニ アステリオン」は、2014年のパリモーターショーで公開されたランボルギーニ初となるPHVスポーツカーのコンセプトモデルとなっています。

コンセプトカー ランボルギーニ・アステリオン
今のところ市販化の予定は無いようですが、完成度は高いです。(画像:プレスイメージより)

スポーティでスパルタンなイメージの強いランボルギーニの中で、日常での使用を意識して製作されたという異色のコンセプトカーで、残念ながらこのモデルについては市販化の予定は今のところ無いようですが、ランボルギーニがPHVスーパーカーのカテゴリを意識しているのは確かなようです。

「マセラティ・アルフィエーリ」

コンセプトカー マセラティ・アルフィエーリ
数年以内の市販化が計画されている「マセラティ・アルフィエーリ」(画像: Some rights reserved by eduparise

マセラティが2014年3月のジュネーブモーターショーで公開し話題となった同社の創業100周年記念のコンセプトカー「マセラティ・アルフィエーリ」は、数年以内の市販化が計画されており、今後登場する可能性が非常に高いモデルとなっています。

コンセプトカー マセラティ・アルフィエーリ
2018年までにクーペとカブリオが登場する予定です。(画像: Some rights reserved by big-ashb

「マセラティ・アルフィエーリ」は「グランツーリスモ」シリーズとは異なるコンパクトなスポーツクーペとなっており、同社の2018年までの製品リリース計画でも名前が公表されており、ラインアップとしてはクーペの後に「アルフィエーリ・カブリオ」の投入が予定されているようです。


「トヨタFT-1コンセプト」

コンセプトカー トヨタFT-1コンセプト
GT6向けに開発されたトヨタのコンセプトカーです。(画像:プレスイメージより)

レクサスFT-1」は、2014年1月に、デトロイトモーターショーで公開されたトヨタのコンセプトスポーツカーとなっており、もともとはグランツーリスモ6の企画として開発されたモデルですが、その後、FT-1グラファイトと呼ばれるフルスケールモデルが追加公開され、BMWとの共同開発がウワサされている次期「トヨタ・スープラ」の原型になるのではないかと以前より期待されているコンセプトカーです。

コンセプトカー トヨタFT-1コンセプト
BMWと共同開発される次期スープラの原型とのウワサも。(画像:プレスイメージより)

市販化が期待されるコンセプトカー(SUV&コンパクトカー編)


ここからは市販化が期待されているSUVのコンセプトカーをご紹介していきます。
この項目で紹介するモデルは実際にメーカーにより市販が承認されている車も多数あり、今後実際に登場する可能性が非常に高いものも多いです。

「マセラティ・レヴァンテ」(クーバン・コンセプト)

コンセプトカー マセラティ・レヴァンテ
市販化が予定されているマセラティ初のクロスオーバーSUV。(画像:プレスイメージより)

こちらも先ほどご紹介した「マセラティ・アルフィエーリ」と同じく同社の製品リリース計画で名前が公表されているモデルで、マセラティブランドでは初となるクロスオーバーSUV「マセラティ・レヴァンテ」として投入される予定となっています。

コンセプトカー マセラティ・レヴァンテ
コンセプトカーではクーバンという名前でしたが、市販モデルではレヴァンテに。
(画像:プレスイメージより)

デザインなどはコンセプトカーと同じものになるのかは分かりませんが、実際に現在カムフラージュしたプロトタイプでのテストが海外で目撃されているようなので、市販化となれば早い段階で情報が出てくるのではないでしょうか?

「ランボルギーニ・ウルス」コンセプトカー

コンセプトカー ランボルギーニ・ウルス
ランボルギーニのSUVとして登場がウワサされている「ウルス」(画像:プレスイメージより)

ランボルギーニがSUVをリリースするというニュースは以前よりウワサされていましたが、こちらのモデルについては「アステリオン」よりも市販化の可能性が高そうです。

コンセプトカー ランボルギーニ・ウルス
コンセプトカーの時点でもかなり出来上がっていますが、実際に登場するとしたらどんな雰囲気になるのでしょうか?(画像:プレスイメージより)

市販化が承認され、ポルシェ・カイエンなどとプラットフォームを共有し数年以内にもデビューするとウワサされているこの新型SUVは、コンセプトカーの「ウルス」に近いデザインになるようですが、実際はどうなるのでしょうか?

「アストンマーチン・DBX」コンセプトカー

コンセプトカー アストンマーチン・DBX
アストンマーチンの4WD電気自動車コンセプト。(画像:プレスイメージより)

2015年のジュネーブモーターショーで公開されたアストンマーチンのコンセプトカー「DBX」は、現時点では量産に対応したモデルではないようですが、同社の現行ラインアップに存在していない新たなジャンルのモデルとして注目されています。

コンセプトカー アストンマーチン・DBX
DBXは、アストンマーチンに存在していないスタイルのコンセプトカーです。(画像:プレスイメージより)

2ドア4シーターのスポーツクーペのスタイルなのに4WDで車高が高い電気自動車という、珍しいモデルですが、もともとアストンマーチンのオーナーが求めている要素を大胆に表現したコンセプトカーとのことなので将来的にDBXをベースにした市販車が登場してもおかしくはない気がします。

「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル・デューン・コンセプト」

コンセプトカー フォルクスワーゲン・ザ・ビートル・デューン・コンセプト
こちらは2016年にも市販化が決定しているオフロードタイプのコンセプトカーです。
(画像:プレスイメージより)

アストンマーチンが2014年に発表したコンセプトカー「ザ・ビートル・デューン・コンセプト」は、2016年にも市販化されることが決定している高性能オフロードモデルです。

コンセプトカー フォルクスワーゲン・ザ・ビートル・デューン・コンセプト
コンセプトカーに比べると市販モデルでは若干の違いがあるようです。(画像:プレスイメージより)

ちなみに市販される仕様は、コンセプトカーよりも若干地上高が高く、デザイン的な変更もあるようで、価格的には通常のビートルより数十万円程度高い設定になりそうです。

「ベントレー・ベンタイガ」(EXP 9Fコンセプト)

コンセプトカー 「ベントレー・ベンタイガ」(EXP 9Fコンセプト)
ベントレーが現在開発中の新型SUVの原型となっているコンセプトカーです。(画像:プレスイメージより)

2012年に発表されたコンセプトカー「EXP 9F」がベースと考えられるベントレー初となる新型のSUVは、2015年の後半にも正式発表され、2016年にも発売されるとのことですが、市販される「ベントレー・ベンタイガ」のエクステリア、インテリアがEXP 9Fコンセプトに近いものになるのかどうかは不明です。

コンセプトカー 「ベントレー・ベンタイガ」(EXP 9Fコンセプト)
市販版の「ベンタイガ」は、コンセプトカーに近いデザインになるのでしょうか?
(画像:プレスイメージより)

ジャガーFペース(C-X 17コンセプト)

コンセプトカー ジャガーFペース(C-X 17コンセプト)
ジャガーが2013年に発表したSUVスタイルのコンセプトカーです。(画像:プレスイメージより)

ジャガーが2013年のジュネーブモーターショーで発表していたSUVのコンセプトカー「C-X 9F」は、2016年にも「Fペース」という名前で市販化されることが発表されています。

追記:ジャガーFペースが市販車として正式発表されました。
市販向けモデルの詳細は以下の記事でご覧いただけます。
ジャガー、新型のクロスオーバーSUV「F-PACE(Fペース)」を発表!

「レクサスLF-SA」コンセプトカー

レクサスLF-SA コンセプトカー
レクサスのコンセプトカー「LF-SA」(画像:プレスイメージより)

レクサスが2015年3月に開催されたジュネーブモーターショーで初公開したこのコンセプトカー「レクサスLF-SA」は、今までのレクサスのラインアップに存在していなかったウルトラコンパクトクラスと呼ばれる小型車となっており、小さな車体にレクサスのデザインフィロソフィーが取り入れられたモデルです。

レクサスLF-SA コンセプトカー
レクサスのコンセプトカー「LF-SA」(画像:プレスイメージより)

実際のところ、レクサスがこのようなコンセプトカーを市販化するかは不明ですが、日常的に使用出来るラグジュアリーコンパクトクラスは、大型の高級車のイメージが強いレクサスの新たな方向性を示しているのかもしれません。

市販化が期待されるコンセプトカー(高級車&ラグジュアリークーペ編)


最後に、実際に市販されたとしても限られた顧客だけを相手にしてしまいそうな超高級車とラグジュアリークーペのコンセプトカーをご紹介したいと思います。

「ベントレー・EXP10スピード6」コンセプトカー

コンセプトカー ベントレー・EXP10スピード6
ベントレーが2015年のジュネーブモーターショーで発表したコンセプトカー。(画像:プレスイメージより)

ベントレーがジュネーブモーターショーで披露した「EXP10スピード6」は、現在のベントレーのスタイルを発展させたようなデザインが特徴的な2シータースポーツモデルのコンセプトカーとなっており、ベントレーの発表でも「この車が将来、コンチネンタルGTと肩を並べるような新たなカーラインアップとなる可能性もある」と将来的な市販化の可能性も示唆しています。

コンセプトカー ベントレー・EXP10スピード6
ベントレー自体が将来的な市販化の可能性を示唆するコメントをしています。(画像:プレスイメージより)

BMW ビジョン・フューチャー・ラグジュアリー

コンセプトカー BMW ビジョン・フューチャー・ラグジュアリー
BMWが2014年に発表したラグジュアリーサルーンのコンセプトカー。(画像:プレスイメージより)

BMWが2014年の北京モーターショーで公開したフラッグシップサルーンのコンセプトカー「BMW ビジョン・フューチャー・ラグジュアリー」については、今年に入ってから2015年内に市販モデルとして投入されるかどうかの判断が行われるとの話が海外メディアに報じられており、もしも実際に投入された場合、「BMW 9シリーズ」という「7シリーズ」と「ロールスロイス」の中間に当たる、メルセデスベンツ・マイバッハを意識した高級車として登場する可能性があります。

コンセプトカー BMW ビジョン・フューチャー・ラグジュアリー
もし登場すれば7シリーズよりも上位の高級車に。(画像:プレスイメージより)

「アウディ・プロローグ・アヴァント・コンセプト」

コンセプトカー アウディ・プロローグ・アヴァント・コンセプト
アウディが2015年に発表したワゴンタイプのコンセプトカー。(画像:プレスイメージより)

アウディ・プロローグ・アヴァント・コンセプト」は、アウディが2015年のジュネーブモーターショーで公開したステーションワゴンスタイルのPHVコンセプトカーです。

コンセプトカー アウディ・プロローグ・アヴァント・コンセプト
同社のフラッグシップサルーン「A8」並みのサイズがあります。(画像:プレスイメージより)

シューティングブレーク風に仕上げられたプロローグ・アヴァントは、同社のA8モデルに近い大型のモデルとなっており、実際にこのようなスタイルになるのか、市販されるのか自体は不明ですが、数年前よりウワサされているA8よりも上位のモデルとして「A9」が登場するのではともいわれています。

インフィニティ「Q60」コンセプトカー

インフィニティ「Q60」コンセプトカー
次期スカイラインクーペともウワサされるコンセプトカー「インフィニティQ60」
(画像:プレスイメージより)

インフィニティQ60は、日産の高級車ブランド「インフィニティ」が2015年1月のデトロイトモーターショーで公開したスポーツクーペのコンセプトカーです。

コンセプトカーのデザイン的にも市販車に近いスタイルのこちらのモデルは実際に市販化が計画されており、先に登場している新型のスカイラインに続き、日本では「スカイラインクーペ」の新型として数年以内にも登場する可能性があります。

インフィニティ「Q50オールージュ」コンセプトカー

インフィニティQ50オールージュ コンセプトカー
スカイラインにGT-Rのエンジンを移植した高性能モデルのコンセプトカー。(画像:プレスイメージより)

日産が2014年に公開したコンセプトカー「Q50オールージュ」は、スカイラインをベースに「レッドブルレーシング」との強力で開発された高性能モデルとなっており、スカイラインV37にGT-Rと同じ3.8リットルV型6気筒ツインターボエンジンが移植され、最大出力568ps、最大トルク61.2kgm、100km/hまでの加速が4秒以下、最高速度は290km/hという、まさに「日産GT-R」の4ドアセダンバージョンとも言うべきハイパフォーマンス仕様車です。

インフィニティQ50オールージュ コンセプトカー
コンセプトカーの時点でもかなり注目度の高かったモデルです。(画像:プレスイメージより)

「Q50オールージュ」コンセプトカーの現時点での市販化予定などは不明ですが、もし登場すればメルセデスAMGやBMW Mのような高性能モデルになりそうです。

「リンカーン・コンチネンタル」コンセプトカー

リンカーン コンセプトカー
リンカーンブランドの高級セダンのコンセプトカー「コンチネンタル」(画像:プレスイメージより)

フォードの高級車ブランドとなる「リンカーン」がニューヨークモーターショーで公開した「コンチネンタル・コンセプト」は、市販化が予定されている将来的なフルサイズセダンを示唆したデザインのモデルとなっており、デザイン的にもコンセプトカーでありながら実際の市販車的な雰囲気の強い車両となっています。

完成度の高いコンセプトカー、でも今後本当に市販化されるかは不明。

最新のコンセプトカー 2015
もし実際に市販化された際には、市販モデルとコンセプトカーを比較してみたいと思います。
(画像はベントレー・EXP10スピード6のプレスイメージより)

実際はこの他にも多数のコンセプトカーが公開され、市販化が検討されているようですが、その中でも注目度の高そうなものを選んでみました。

実際のところ、コンセプトカーのデザインなどは、経済的な問題により計画が凍結されたり、全く異なるスタイルや名前でリリースされることも多いため、今後これらの車種が確実に市販化されるかも含め真偽は正式発表まで不明となっていることをご了承ください。

将来的に市販化が実現したコンセプトカーが今後登場した場合には、コンセプトカーのデザインと販売される車のデザインの比較なども出来たらと考えています。

関連記事
「世界最速の車ランキング」TOP10(0-100km/hの加速編)
世界一速いSUVはどんなクルマ?「世界最速のSUVランキング」TOP5
超豪華!高級車の後部座席はこんなデザイン!
最新スーパーカーのインストルメントパネル(インパネ)デザインまとめ
世界一高い車は?2014年版「高級車ランキング」トップ10

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。