スポンサーリンク
2015年3月13日金曜日

ゲートの意味無し?ランボルギーニの全高の低さがよく分かるビデオ

ゲートの意味無し?ランボルギーニの全高の低さがよく分かるビデオ
ランボルギーニに駐車場のゲートは全く無意味?(画像:Matthias Malmedieより引用)

ゲートが上がる前に走り抜けるランボルギーニ。


ランボルギーニが2014年にガヤルドの後継モデルとして発表した「ウラカン」。
先代のガヤルドと同じ1165mmのランボルギーニ・ウラカンの全高が、どの程度の高さなのかが一発で理解出来てしまう動画をご紹介したいと思います。


ルーフがゲートよりも下にあるスーパーカー。

ゲートの意味無し?ランボルギーニの全高の低さがよく分かるビデオ
ランボルギーニが走り去ったあとに開くゲート。(画像:Matthias Malmedieより引用)

ご紹介する動画は、詳細は不明ながらオレンジカラーのランボルギーニ・ウラカンが、駐車場と思われる場所に設置されたゲートの下を通過してしまうという内容になっており、改めてランボルギーニの全高の低さを実感出来るものになっています。

映像ではランボルギーニが通った後にゲートが開いているので、高さなどは事前に確認済みで行っていると考えられます。


ちなみに、ウラカンよりも上級モデルのアヴェンタドールは、全高が1136mmとなっており、同じく駐車場のゲートの下をくぐり抜けられそうな低さとなっていますが、ランボルギーニでのこういった挑戦は全くオススメしません!

【関連記事】
7歳の少年の誕生日にランボルギーニが大集結するサプライズ!
「ランボルギーニ・ウラカン」の詳しすぎる試乗レビュー
「ランボルギーニ・ウラカン」で到達する時速329キロの世界
4億円オーバーの「ランボルギーニ・ヴェネーノ」が納車される動画を公開
「ランボルギーニ・ウラカン」がイタリア国家警察のパトカーに!

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。