スポンサーリンク
2015年6月1日月曜日

ヴィラ・デステで「ランボルギーニ・アステリオン」の実車を公開

ランボルギーニ・アステリオン
自動車コンクールで公開された「ランボルギーニ・アステリオン」(画像:Marchettinoより引用)

「ランボルギーニ・アステリオン」の実車はこんな雰囲気。


世界各国のヒストリックカーやコンセプトカーなどが集まる自動車コンクールとして有名な「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」にて、ランボルギーニの最新コンセプトカーとして2014年10月に発表された「アステリオンLPI 910-4」の実車が公開されました。

今回は会場で撮影された「アステリオン」の内外装やゆっくりと走行する姿などが収められた映像をご紹介したいと思います。


「ランボルギーニ・アステリオン」の質感の高いインテリアや走行する姿も。

ランボルギーニ・アステリオン
ランボルギーニ・アステリオンの実際の車両。(画像:Marchettinoより引用)

コンセプトカーが発表や初披露されるモーターショーとは異なり、実車が展示され走行したりすることでも知られるこのイベントに登場した「ランボルギーニ・アステリオン」は、ワールドプレミアと同様のブルーのカラーのモデルとなっており、映像ではプレスイメージなどで公開されていたインテリアも含め、詳細な部分まで見ることが出来ます。


ちなみに、動画の1分39秒あたりからアステリオンとともに映っているのは、ベントレーが市販化を予定しているとウワサされている「ベントレー・EXP10スピード6」のコンセプトカーです。

ランボルギーニ・アステリオン 内装
日常生活を意識したというインテリアはこのような雰囲気に。(画像:Marchettinoより引用)
ランボルギーニ・アステリオン 内装
高級感とハイテクとスポーティな雰囲気が組み合わされている印象(画像:Marchettinoより引用)
ランボルギーニ・アステリオン 内装
ランボルギーニの純正バッグがフロントのトランクに。(画像:Marchettinoより引用)
ランボルギーニ・アステリオン 内装
インパネはこのようなディスプレイタイプです。(画像:Marchettinoより引用)
ランボルギーニ・アステリオン デザイン
リアデザインはこのようなスタイルです。(画像:Marchettinoより引用)
ランボルギーニ・アステリオン
ベントレーの最新コンセプトカーも登場。(画像:Marchettinoより引用)
ランボルギーニ・アステリオン ミウラ
「ランボルギーニ・ミウラ」とのツーショットも。(画像:Marchettinoより引用)

ランボルギーニ・アステリオンについては、現段階では市販化される予定は無いとのことでしたが、映像を見る限りでは、ランボルギーニのスポーティな部分と、日常生活での仕様が意識されたというラグジュアリーな部分が組み合わされたデザインなど、普通にリリースされても不思議ではない現実的なスタイルに仕上げられているようにも感じられますね。

関連記事
初のPHVコンセプトカー「ランボルギーニ・アステリオン」を発表
市販化が期待される「世界の最新コンセプトカー」2015年版

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。