スポンサーリンク
2015年7月3日金曜日

映画で悪役が乗っていそうなデザインのBMW i8のFCVテスト車両を公開。

映画で悪役が乗っていそうなデザインのBMW i8のFCVテスト車両を公開。
まるで違う車みたいなデザインになったBMW i8ベースのFCVテスト車両。(画像:プレスイメージより)

雰囲気が違う?BMW i8ベースのFCVプロトタイプ。


映画で悪役が乗っていそうなマットブラックの不思議なデザインの車、、、。
実はこれ、今後の市販化を目標にBMWが現在テストしているBMW i8ベースのFCV(燃料電池自動車)のプロトタイプです。


将来的に市販化を目指している新型FCVモデルの実験車両。

映画で悪役が乗っていそうなデザインのBMW i8のFCVテスト車両を公開。
将来的な市販を目指して開発中のFCVモデルの実験に使われています。(画像:プレスイメージより)

現行のBMW i8とはかなり異なっているデザインにマットブラックの塗装が特徴的なこのテスト車両は、BMWが2020年までの生産を目指しているというFCV(燃料電池自動車)の実験に使用されているもので、現時点では詳細なスペックなどは明かされていませんが、BMWと燃料電池分野での共同開発を行っているトヨタのFCV「ミライ」と同じものが使用されているともいわれています。

映画で悪役が乗っていそうなデザインのBMW i8のFCVテスト車両を公開。
全体がマットブラックで各所のデザインも変更されています。(画像:プレスイメージより)
映画で悪役が乗っていそうなデザインのBMW i8のFCVテスト車両を公開。
若干トヨタのミライにも似ているような。(画像:プレスイメージより)
映画で悪役が乗っていそうなデザインのBMW i8のFCVテスト車両を公開。
ここだけ見るとベースがi8だとは思えませんね。(画像:プレスイメージより)
映画で悪役が乗っていそうなデザインのBMW i8のFCVテスト車両を公開。
i8ベースとなっているところから、将来的なFCVはiブランドでリリースされるのではないでしょうか?
(画像:プレスイメージより)
映画で悪役が乗っていそうなデザインのBMW i8のFCVテスト車両を公開。
2020年までには今以上にFCVの選択肢も広がっているかもしれません。(画像:プレスイメージより)

サイドに書かれている「Efficient Dynamics 2015: eDrive Hydrogen Fuel Cell」がこのモデルの名称なのかは分かりませんが、通常の車種ではなくi8がベースになっているところからも、FCVの車種が将来的に投入されるのは「BMW i」のブランドになる可能性が高そうです。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。