スポンサーリンク
2015年7月14日火曜日

世界に1台!「ランボルギーニ・コンセプトS」のプロトタイプがオークションへ!

「ランボルギーニ・コンセプトS」のプロトタイプがオークションへ!
ランボルギーニのコンセプトカー「コンセプトS」がオークションへ!(画像:rmsothebysより)

2005年に発表された「ランボルギーニ・コンセプトS」のプロトタイプが出品へ。


11月にニューヨークで開催される自動車オークションに、ランボルギーニが2005年に発表し、実際に市販化も検討されていたという幻のコンセプトカー「ランボルギーニ・コンセプトS」を出品する計画RMサザビーズが発表しました。

ランボルギーニ・コンセプトSの実際に走行が出来る車両は世界に1台のみのとなっており、高額での落札が期待されています。


世界に1台!「ランボルギーニ・コンセプトS」の走行可能なプロトタイプ!?

「ランボルギーニ・コンセプトS」のプロトタイプがオークションへ!
走行が可能な車両は世界に1台だけ?(画像:rmsothebysより)

ランボルギーニ・コンセプトS」は、2005年のジュネーブモーターショーにて初披露され、その年の8月に米国で開催されたモントレー・コンコルソ・イタリアーノとペブルビーチ・コンクール・デレガンスにて実走行可能なプロトタイプとしても発表されたコンセプトで、クラシックレーシングカーを彷彿とさせるスタイルと現代的なランボルギーニのスポーツカーが融合されたようなデザインが印象的なモデルでした。

「ランボルギーニ・コンセプトS」のプロトタイプがオークションへ!
クラシックレーシングカーからインスピレーションを得たデザイン。(画像:rmsothebysより)

実際の生産も検討されていたようですが、結局市販されることはなく、わずか2台(1台はジュネーブショーで公開された走行不可の車両?)だけが製作されただけの「幻のスーパーカー」となっていた「コンセプトS」ですが、今回出品されるのはその後に1台だけ製作された実走行可能なプロトタイプだと考えられ、走行距離は180キロとのこと。

「ランボルギーニ・コンセプトS」のプロトタイプがオークションへ!
生産も検討されたようですが、市販化されなかったという幻のモデル。(画像:rmsothebysより)
「ランボルギーニ・コンセプトS」のプロトタイプがオークションへ!
走行距離が180キロということから、後に製作されたプロトタイプと思われます。(画像:rmsothebysより)
「ランボルギーニ・コンセプトS」のプロトタイプがオークションへ!
実際、落札しても殆ど乗らずに飾ってある感じになりそうな、、、。(画像:rmsothebysより)

ちなみに、「ランボルギーニ・コンセプトS」の落札予想価格は300万ドル程度、日本円にして約3億7000万円とされていますが、こういう特別なクルマの場合、そのままメーカーが所有し続けるものかと思っていました。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。