スポンサーリンク
2015年8月13日木曜日

一体どんな番組に!?Amazon版「トップギア」の制作費がスゴすぎる!

一体どんな番組に!?Amazon版「トップギア」の制作費がスゴすぎる!
Amazon版のトップギアは桁外れの制作費に?(画像:Amazon Instant Videoより引用)

元トップギアの3人が登場するAmazonの新番組が本気すぎる。


英国の有名自動車番組として日本でも知られている「トップギア」については、今年3月に司会者であるジェレミー・クラークソン氏が、番組プロデューサーと喧嘩する騒動を起こし番組を降板してしまったというニュースが話題になりましたが、そんなトップギアの元出演者と契約した自動車番組を「Amazon」が2016年より開始すると報じられ、その製作予算はなんと日本円にして300億円を超えるものになるようです!


予算は300億円以上?Amazon版トップギアは来年開始へ。

一体どんな番組に!?Amazon版「トップギア」の制作費がスゴすぎる!
元トップギアのメンバーと契約して一体どんな番組がスタートするのか気になります。
(画像:Amazon.co.ukのウェブサイトよりプライムのバナー)

Amazonは、BBCの自動車番組『トップギア』の元司会者、ジェレミー・クラークソン、リチャード・ハモンド、ジェームズ・メイの3人と、同じくトップギアの元プロデューサー、アンディ・ウィルマン氏と、プライム・インスタント・ビデオで配信される新しい自動車番組の制作で契約を行ったことを発表しており、今年秋から撮影開始、第一シリーズは来年2016年の放送開始が予定されているとのこと。

この新番組について、independentgizmodoなどが報じた内容によると、3年、36のエピソードでの制作予算はなんと2億5000万ドル、日本円にして300億円オーバーとなっているようで、一部では総制作費ではなくギャラだけでこの額ともいわれていたりしますが、どちらにしてもネット番組なのに映画が出来てしまいそうな規模になりそうです。

ただ、この新しい番組、3人の司会者と元プロデューサーというおなじみな組み合わせではあるものの、BBCではなくAmazonが配信する番組となり、日本ではプライム・インスタント・ビデオサービスが提供されていないため、今のところは視聴は難しいと思われ、今までのトップギアのようにテレビで字幕付きで見られるかは不明です。

関連記事
「トップギア」の司会者ジェレミー・クラークソンが契約打ち切りに。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。