スポンサーリンク
2015年9月18日金曜日

ジャガー、新型のクロスオーバーSUV「F-PACE(Fペース)」を発表!

ジャガー・F-PACE(Fペース)
ジャガーが初のクロスオーバーSUVとなる「F-PACE(Fペース)」を披露。(画像:プレスイメージより)

ジャガー初のクロスオーバーSUV「F-PACE(Fペース)」


ジャガーは、フランクフルトモーターショーでのワールドプレミアに先立ち、同ブランド初となるクロスオーバーSUVモデル「ジャガー・F-PACE(Fペース)」を正式発表しました。

ジャガーFペースは、2013年のフランクフルトモーターショーにて公開されたコンセプトカー「C-X17」の量産バージョンとして登場する新型クロスオーバーSUVとなっており、ジャガーブランドの80周年を記念したイベントでの公開の際には「世界一高い宙返り」を行い、ギネス世界記録も樹立しています。


「世界一高い宙返り」でギネス記録を更新した「F-PACE(Fペース)」

ジャガー・F-PACE(Fペース) ギネス
「F-PACE(Fペース)」で世界一高い宙返りを行いギネス記録を更新!(画像:プレスイメージより)

英国の熟練スタントドライバーであるテリー・グラント氏が重力に逆らって19.08メートルの高さのループを回りきるという、まさかクルマでそれをやってしまう!?と驚かされるような「世界一高い宙返り」を披露して発表されたジャガーブランド初のクロスオーバーSUV「F-PACE(Fペース)」は、XEに続き同社が2015年に発表する3台目の新型モデルとなっており、スポーツカー「Fタイプ」からインスピレーションを得てデザインされたというスタイルが印象的なSUVとなっています。


この企画は見事にギネス世界記録を更新したとのことですが、クルマに乗って巨大なループを回転すると、スペースシャトルに乗っているパイロット以上という6.5ギガのという力がドライバーの体に掛かるらしく、実際に挑戦する2ヶ月も前からテリー・グラント氏の体が対応出来るようにトレーニングなどが行われたそうです。

「ジャガー・F-PACE(Fペース)」にはF-TYPEにインスパイアされたエンジンも用意。

ジャガー・F-PACE(Fペース)
「F-PACE(Fペース)」はジャガーFタイプにインスパイアされたデザインやエンジンも。
(画像:プレスイメージより)

ジャガー・F-PACE(Fペース)」には、F-TYPEにインスパイアされたという最高出力380PSの3.0リッターV6スーパーチャージドガソリンエンジンや、新型の2.0リッターi4ターボチャージドインジニウムディーゼルエンジンなど3種類(本国仕様)が用意されると発表されています。

ジャガー・F-PACE(Fペース)デザイン
ランドローバーとは異なるスタイルに。(画像:プレスイメージより)
ジャガー・F-PACE(Fペース) エンジン
日本向け仕様は不明ですが3種類のエンジングレードが用意されるとのこと。(画像:プレスイメージより)
ジャガー・F-PACE(Fペース)
路面状況に合わせた快適な走りを実現しているとのこと。(画像:プレスイメージより)

AWDシステムに搭載された独自のインテリジェントドライブラインダイナミクス(IDD)ソフトウェアや、トルクベクタリングテクノロジー、アダプティブダイナミクス、オール・サーフェイス・プログレス・コントロール(ASPC)などにより、路面状況に合わせた俊敏な走行性と快適な乗り心地も実現されているとのこと。

エレガントで実用性も重視された「ジャガー・F-PACE(Fペース)」のインテリア。

ジャガー・F-PACE(Fペース) インテリア
インテリアはモダンでラグジュアリーな雰囲気に。(画像:プレスイメージより)

スポーツカーやラグジュアリーサルーンのイメージが強いジャガーが生み出したクロスオーバーSUVとなる「F-PACE(Fペース)」では、エレガントでモダンな内装デザインと広々としたラゲッジスペースなどの実用的な部分も魅力的で、40:20:40の分割リアシートを装備したラゲッジスペースの容量は最大で650リットル、リアシートのスペースは大人3人がゆったりと快適に座れる広さも実現されています。

ジャガー・F-PACE(Fペース) 収納
最大容量650リットルというラゲッジスペースを用意。(画像:プレスイメージより)
ジャガー・F-PACE(Fペース)後部座席
後部座席は大人3人でも快適に乗れる広さとなっています。(画像:プレスイメージより)
ジャガー・F-PACE(Fペース) ナビ
大画面ディスプレイを装備。8台同時接続可能な高速無線LANも。(画像:プレスイメージより)
ジャガー・F-PACE(Fペース)間接照明
間接照明により良い感じの雰囲気に出来そうなライティングオプションも。(画像:プレスイメージより)

また、同クラスのモデルの中では最も多彩というインテリアオプションが用意されているほか、10種類のカラーで光る「コンフィギュラブルインテリアムードライティング」、固定式とスライド式から選べるパノラミックルーフなどを選択することも出来るようです。

「ジャガー・F-PACE(Fペース)」、今後の日本発売は確実?

ジャガー・F-PACE(Fペース) 日本
日本での発売の詳細は不明ですが、今後導入されるのは間違いなさそうです。(画像:プレスイメージより)

日本での発売時期については現時点では未定となっているものの、ジャガーのオフィシャルサイトに限定生産モデルとなる「ファーストエディション」を含む「Fペース」の国内向けの専用ページが用意されていることから、今後の日本導入は確実と思われます。


日本向けの価格や導入時期などについては不明ですが、ランドローバーとは異なる「ジャガーのクロスオーバー」が、今後どのように受け入れられていくのかにも注目です。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。