スポンサーリンク
2015年10月10日土曜日

4人乗りで実用性も考えられたスーパーカー&スポーツカーをまとめてみました!

スーパーカー 実用性 4人乗り
4人乗りも出来て実用性も考えられたスーパーカー&スポーツカーは?(Some rights reserved by Benoit cars

4人で乗れて実用性も高いスーパーカーやスポーツカーは?


スーパーカーといえば、実用性よりも走りに特化した性能やデザインが魅力的な、完全な趣味のクルマの領域だと思いますが、そんなハイスペックでスポーティなクルマの中でも、一部ですが、ある程度の実用性を考慮して設計された車種も存在しています。

収納や快適性など、一般的なクルマの実用性と比較すると微妙ですが、今回はスーパーカーや高性能スポーツカー、GTカーの部類の車種で4人が乗ることが可能で実用性も考えられた現行モデルをいくつかご紹介したいと思います!


フェラーリ・FF

スーパーカー 実用性 4人乗り フェラーリFF
フェラーリのシューティングブレイクモデル「FF」(画像:プレスイメージより)

恐らく、今のフェラーリのラインアップの中では一番実用的な車種となるのではないかと考えられるのが2011年に発表された「フェラーリFF(Four)」です。

スーパーカー 実用性 4人乗り フェラーリFF
2011年まで生産されていた612スカリエッティと同じく実用的なモデルに。(画像:プレスイメージより)

フェラーリ・FFは、フェラーリとしては初めてとなる4輪駆動のシューティングブレークスタイルで発売され、2ドアですが4シーターで4人乗り、さらには450リットルもの収納まで用意され、後部座席のシートを倒してスペースを広げることまで出来てしまうというモデル。
スーパーカー 実用性 4人乗り フェラーリFF
後部座席はこんな感じです。(画像:プレスイメージより)

ちなみに、4人乗りで4WDなど機能性が注目されますが、単純にフェラーリのスーパーカーとして考えても6.3リットルのV12エンジンを搭載し、0-100km/h加速は3.7秒、最高速度は335km/hという高性能で、日本での販売価格は価格は3290万円となっています。

フェラーリ・カリフォルニアT

スーパーカー 実用性 4人乗り フェラーリ・カリフォルニアT
フェラーリの高性能オープンカー「カリフォルニアT」(画像:プレスイメージより)

フェラーリ・カリフォルニアに続くオープンスポーツカーとして2014年に発表された「フェラーリ・カリフォルニアT」も、2ドアクーペスタイルで4シーターモデルという設定となっています。

スーパーカー 実用性 4人乗り フェラーリ・カリフォルニアT
4人乗り仕様ですが、大人が乗るには狭いかもしれません。(画像:プレスイメージより)
スーパーカー 実用性 4人乗り フェラーリ・カリフォルニアT
ゴルフバッグも入る設計になっているようです。(画像:プレスイメージより)

ただ、このモデルに関しては、後部座席の2つはシートベルトなども装備されているものの緊急用レベルのサイズのようなので、大人が快適に乗るのは難しいかもしれません。

フェラーリ・カリフォルニアTの日本での販売価格は価格は2450万円となっています。

アストンマーチン・ラピードS

スーパーカー 実用性 4人乗り アストンマーチン・ラピード
アストンマーチンの高性能5ドアモデル「ラピードS」(画像:プレスイメージより)

アストンマーチンが2010年にリリースしたリアゲートを持った5ドアの「アストンマーチン・ラピード」の最新モデルとして投入された2015年仕様の「ラピードS」はAM29 V12エンジンを搭載し、0-100km/h加速が4.4秒、最高速度は326km/hと公表される高性能モデルです。

スーパーカー 実用性 4人乗り アストンマーチン・ラピード
レザーを多用した高級感のある空間。(画像:プレスイメージより)
スーパーカー 実用性 4人乗り アストンマーチン・ラピード
後部座席の装備も充実しています。(画像:プレスイメージより)

このモデルの特徴は、高い性能を持ちながらも、大人4人が快適に過ごすことが出来るラグジュアリーな室内空間が提供されているという部分でもあり、同社のウェブサイトでは「世界で最も美しい4ドアスポーツカー」と表現されていました。

アストンマーチン・ラピードSの日本での販売価格は価格は2420万円となっています。

アストンマーチン・ヴァンキッシュ

スーパーカー 実用性 4人乗り アストンマーチン・ヴァンキッシュ
アストンマーチンの最上級モデル「ヴァンキッシュ」も実は4人乗り設定。(画像:プレスイメージより)

ラピードSに続き、同じくアストンマーチンの最上位モデルとなる「ヴァンキッシュ」は、アストンマーティン史上最強のエンジンともいわれるAM29 V12エンジンが搭載され、最高出力は568HP、0-100km/hまでの加速は3.8秒、最高速度は323km/hという高性能フラッグシップです。

スーパーカー 実用性 4人乗り アストンマーチン・ヴァンキッシュ・ヴォランテ
こちらはオープンカーのヴォランテ。(画像:プレスイメージより)
スーパーカー 実用性 4人乗り アストンマーチン・ヴァンキッシュ
ただ、カリフォルニアTと同様、基本的には2人向けです。(画像:プレスイメージより)


実はこの「ヴァンキッシュ」も4人乗りのスポーツカーとなっており、2ドアですが後部座席やトランクルームも用意されています。ただ、後ろはフェラーリ・カリフォルニアTと同様、大人が乗るスペースとしては若干窮屈かもしれません。

アストンマーチン・ヴァンキッシュの日本での販売価格は価格は3335万円となっています。

ベントレー・コンチネンタルGT

スーパーカー 実用性 4人乗り ベントレー・コンチネンタルGT
ベントレーの高級2ドアクーペ「コンチネンタルGTスピード」(画像:プレスイメージより)

ベントレーのラインアップの中で最も速い2ドアクーペとなる「コンチネンタルGTスピード」は、6リッターW12ツインターボチャージエンジンを搭載し、最高出力は639PS、最高速度は4.2秒、最高速度は331km/hというラグジュアリーで高性能なモデルですが、このモデルも乗車定員が4人となっています。

スーパーカー 実用性 4人乗り ベントレー・コンチネンタルGT
2ドアですが後部座席もレザーを多用した高級感のある空間に。(画像:プレスイメージより)

2ドアクーペの4人乗りなので、同じくベントレーのフライングスパーやミュルザンヌに比べると狭い雰囲気ですが、素材なども運転席や助手席と同じく後部座席もこだわった仕上がりとなっているようです。

ベントレー・コンチネンタルGTスピードの日本での販売価格は価格は2640万円となっています。

ポルシェ・パナメーラ

スーパーカー 実用性 4人乗り ポルシェ・パナメーラ
ポルシェ・パナメーラの上級グレード「ターボS」(画像:ポルシェ公式サイトより引用)

911などポルシェのスポーツカー的な面と、カイエンなどの実用的な面を両立させたモデルとなっているのが「パナメーラ」です。

スーパーカー 実用性 4人乗り ポルシェ・パナメーラ
独立タイプのリアシートや大容量のラゲッジスペースも。(画像:ポルシェ公式サイトより引用)

上級グレードの「ターボS」では、4.8リッターV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力570PS、0-100km/hまでの加速は3.8秒、最高速度は310km/hという高性能モデルでありながら、ゆとりのある独立したリアシートを装備した4人乗りで、445リットルのラゲッジスペースを備えるなど、実用性も重視したモデルとなっています。

ポルシェ・パナメーラ・ターボSの日本での販売価格は価格は2736万円となっています。

マセラティ・グラントゥーリズモ

スーパーカー 実用性 4人乗り マセラティ・グランツーリスモ
マセラティの2ドアクーペ「グランツーリスモ」(画像:プレスイメージより)

マセラティの2ドアクーペとして2007年より販売されている「グラントゥーリズモ」は、ピニンファリーナの手掛けたエレガントなデザインが人気のモデルですが、こちらも4人乗りのためのスペースを意識して設計された車両となっています。

スーパーカー 実用性 4人乗り マセラティ・グランツーリスモ
後部座席でもくつろいでドライブを楽しめる設計となっているようです。(画像:プレスイメージより)

フロント側のシートがゆとりあるサイズとなっているだけでなく、リアシートもセパレート(分離した)タイプのものとなっており、ゆったりとくつろいでドライブを楽しむことが出来るとのこと。

マセラティ・グラントゥーリズモの日本での販売価格は価格は1594万円、グラントゥーリズモ MCストラダーレでは2186万円となっています。

メルセデスAMG S65クーペ

スーパーカー 実用性 4人乗り  メルセデスAMG S65クーペ
(画像:プレスイメージより)

2014年に新たに追加されたSクラスクーペの高性能モデル「メルセデスAMG S65クーペ」は6.0リットルV型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、最大出力は630PS、0-100km/hまでの加速は4.1秒、最高速度250km/hでリミッター作動というハイスペックモデルですが、Sクラスの2ドアクーペというだけあり、インテリアもかなり豪華な仕様となっています。

スーパーカー 実用性 4人乗り  メルセデスAMG S65クーペ
(画像:プレスイメージより)

前の座席を倒して乗り込む後部座席は、後ろに座った人の頭の上の部分が天井に当たらないように配慮されたスタイルとなっているほか、スピーカーや収納なども装備されています。


ちなみに、メルセデスAMG S65クーペの日本での販売価格は価格は3182万円となっています。

日産・GT-R

スーパーカー 実用性 4人乗り 日産GT-R
日産GT-Rも4人で乗ることが出来るクルマです。(画像:プレスイメージより)

日本を代表する高性能スポーツカー「日産 GT-R」も4人で乗ることが出来るクルマです。

スーパーカー 実用性 4人乗り 日産GT-R
後部座席はこのようなデザイン。常時4人乗車はキツそうですが、実際に街乗りで使用する方もいるようです。
(画像:theluxuryhausより引用)

公式サイトではトランクルームは2人で旅行するのに十分な荷物が入るスペースを確保しているほか、ゴルフバッグなども積み込むことが出来ると説明されているため、日常での使用を意識しているものの、どちらかというと基本的には2人での移動を考えて設定されているのではないかと思われます。

日産GT-Rの日本での販売価格は価格は947万7000円からとなっています。


今回の記事で掲載した車種は、4人が乗れる設定で実用的な部分も意識して設定されたスーパーカーや高性能モデルという、基本的にはある意味矛盾したコンセプトをカタチにしたクルマとなっていますが、こういう方向性の車種が増えているということは実際に結構需要が存在しているという意味なんだと思います。

また、ランボルギーニ・ウルスなど、コンセプト段階のモデルでも4ドアやSUVの高性能モデルが計画されていたりするため、今後スーパーカーの性能で様々な場面で使えるクルマの選択肢も多くなるのではないでしょうか?

関連記事
世界の自動車メーカーのエンブレムの由来をまとめてみました!
世界一速い自動車は?「世界最速の車ランキング」TOP10(0-100km/hの加速編)
超豪華!高級車の後部座席はこんなデザイン!

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。