スポンサーリンク
2016年1月24日日曜日

日本発!巨大なリアウイングを装着したランボルギーニ・アヴェンタドールのカスタム。

日本発!巨大なリアウイングを装着したランボルギーニ・アヴェンタドールのカスタム。
ランボルギーニ・アヴェンタドールのウイングの後ろにさらに巨大なウイングが!
(画像:gtspiritより引用)

ランボルギーニ・アヴェンタドールのカスタム仕様「AIMGAIN GT AVENTADOR」


世界中のチューナーが手掛けたカスタム仕様のランボルギーニ・アヴェンタドールの中でも、ここまでリアウイングが大きいのは初めてなのではないでしょうか?

今回ご紹介するカスタムボディパーツを発表したのは、クラウンやレクサスをベースにした「VIPカー」的な車種や、トヨタ86、日産GT-Rといったスポーツカーベースのカスタムを手掛けている日本の会社「AIMGAIN」(エイムゲイン)で、巨大な「STEALTH GT WING」を含むボディキットを装着したアヴェンタドールが公開されています。


アヴェンタドールのウイングの後ろにもう一つ巨大なウイングが

日本発!巨大なリアウイングを装着したランボルギーニ・アヴェンタドールのカスタム。
日本の「AIMGAIN」(エイムゲイン)が手掛けたアヴェンタドールのカスタムボディキット。(画像:gtspiritより引用)

「AIMGAIN」(エイムゲイン)が東京オートサロン2016にて公開した「AIMGAIN GT AVENTADOR」と呼ばれるカスタム仕様のランボルギーニ・アヴェンタドールでは、フロントバンパー、フロントスポイラー、サイドアンダースポイラー、リアディフューザー、そしてステルスGTウイングが用意されており、パーフェクトボディキットはFRPで190万円、カーボンファイバー製になると290万円の設定になっています。

日本発!巨大なリアウイングを装着したランボルギーニ・アヴェンタドールのカスタム。
フル装備でカーボンファイバー製にすると290万円に。(画像:gtspiritより引用)
日本発!巨大なリアウイングを装着したランボルギーニ・アヴェンタドールのカスタム。
ホイールはSAVINI SV65XC、タイヤはピレリのP ZERO NERO GT。(画像:gtspiritより引用)

このカスタムで特徴的なのは、もともとのアヴェンタドールの純正ウイングもそのまま存在しており、その後ろにさらに大きなウイングが取り付けられている点で、好き嫌いは別にしても、装着すればかなり存在感の高い印象になりそうですね。

日本発!巨大なリアウイングを装着したランボルギーニ・アヴェンタドールのカスタム。
車高の低さがスゴいですが、エアサスが採用されているようです。(画像:gtspiritより引用)

写真ではちょっとの段差でガリッといってしまいそうなほど極端に車高が下げられていますが、こちらはボルドワールドのエアサスペンションが採用されているらしく、120万円と公表されています。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。