スポンサーリンク
2016年3月3日木曜日

ホンダが2017年に発売予定の新型「シビック・ハッチバック」のプロトタイプを初披露!

新型 シビック・ハッチバック
ホンダが次期「シビック・ハッチバック」のプロトタイプを披露。(画像:プレスイメージより)

ホンダ、シビック・ハッチバックのプロトタイプを公開。


ホンダは、3月1日に開幕したジュネーブモーターショーにて、2017年に欧州で発売される新型「シビック ハッチバック」のプロトタイプモデルを初披露しました。

現時点で日本での販売は不明ですが、市販車としては日本でもウケそうなスポーティでダイナミックなエクステリアデザインに仕上げられている印象です。


新型の「シビック・ハッチバック」はスポーティでダイナミックなスタイルに。

新型 シビック・ハッチバック
スポーティで発売未定の日本でもウケそうなエクステリアデザインに。(画像:プレスイメージより)

シビックシリーズの10代目となる新型シビック ハッチバックのプロトタイプは、現行モデルに対して、全長を130mm、全幅を30mm拡大し、全高を20mm下げるとともに、ロングホイールベース化することにより、ロー&ワイドなスタンスを実現したという独特なエクステリアデザインとなっており、フロントには大型エアインテークを加え、LEDヘッドライト・デイライトを採用、リアは男心をくすぐりそうなゴツゴツしたデザインにセンター2本出しマフラーと、スタイリッシュでスポーティな印象のモデルとなっています。

新型 シビック・ハッチバック
ロー&ワイドなスタンスを実現したエクステリアデザイン。(画像:プレスイメージより)
新型 シビック・ハッチバック
流れるようなルーフラインとボディ側面の2本のキャラクターラインによりダイナミックなデザインを強調。
(画像:プレスイメージより)
新型 シビック・ハッチバック
センター2本出しのマフラーが印象的。(画像:プレスイメージより)

今回発表されたシビック・ハッチバックのプロトタイプは、実際に2017年初頭の欧州市場での発売に先駆けた初披露となっており、その後、欧州以外では北米などでも展開されるとのことですが、シビック・タイプRが限定発売され、今後のシビックの国内導入もウワサされる中、今回の新型シビック ハッチバックが日本で販売されれば欲しい!という方も結構多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。