スポンサーリンク
2016年3月27日日曜日

SUVに巨大なガルウィング!?リンカーン「ナビゲーター」のコンセプトカーがスゴい!

SUVに巨大なガルウィング!?リンカーン「ナビゲーター」のコンセプトカーがスゴい!
かなり斬新!巨大なガルウィングドアを装備した高級SUVコンセプト(画像:プレスイメージより)

巨大なガルウィングを搭載したリンカーン「ナビゲーター・コンセプト」


さすがに、このままのデザインで市販化するとは思えませんが、ものすごく斬新ですね。

フォードは、リンカーンブランドの高級SUV「ナビゲーター」のコンセプトモデル「ナビゲーター・コンセプト」をニューヨーク国際自動車ショーにて公開したのですが、その姿は、巨大なSUVにガルウィングドアや自動格納式ステップを搭載するなど、SUVらしからぬスタイルに仕上げられています。


「リンカーン・ナビゲーター・コンセプト」は大胆で斬新な未来の高級SUV?

SUVに巨大なガルウィング!?リンカーン「ナビゲーター」のコンセプトカーがスゴい!
高級SUV「リンカーン・ナビゲーター」のコンセプトカー。(画像:プレスイメージより)

フォードが発表した「リンカーン・ナビゲーター・コンセプト」は、その名の通りリンカーンブランドの高級SUV「ナビゲーター」の次世代モデルの方向性を示唆するモデルとなっており、主張の強そうなデザインに6シートを設置した巨大でラグジュアリーなSUVなのですが、やはりその一番の特徴は2座席分のスペースがガバッと開く程の大きさの「ガルウィングドア」です。

SUVに巨大なガルウィング!?リンカーン「ナビゲーター」のコンセプトカーがスゴい!
2座席分の広さがガバッと開く巨大なガルウィングドア。(画像:プレスイメージより)

このガルウィングドアが開く際には、機械的な音を立てながら3段の格納式ステップが自動的に出現する仕組みとなっており、乗り降りしやすいスタイルになっているようですが、利便性や現実的かどうかは別としてもインパクトは抜群で、ある意味、同じようなガルウィングドアのスーパーカーと同じレベルで目立つことが出来そうな雰囲気です。

SUVに巨大なガルウィング!?リンカーン「ナビゲーター」のコンセプトカーがスゴい!
性能では3.5リットルV型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は400HPオーバー。
(画像:プレスイメージより)
SUVに巨大なガルウィング!?リンカーン「ナビゲーター」のコンセプトカーがスゴい!
ルームミラーはディスプレイタイプのようです。(画像:プレスイメージより)
SUVに巨大なガルウィング!?リンカーン「ナビゲーター」のコンセプトカーがスゴい!
各座席に大型のタッチスクリーンを搭載。(画像:プレスイメージより)
SUVに巨大なガルウィング!?リンカーン「ナビゲーター」のコンセプトカーがスゴい!
なんかもうスパイアクション映画の世界みたいな収納スペース。(画像:プレスイメージより)

実際にモーターショーでナビゲーター・コンセプトがガルウィングドアを開けるシーンは以下の動画でご確認いただけます。


実際、もしナビゲーターの次期型が市販モデルとして登場するとしても、さすがにこのま
まの姿でということは難しい気もしますが、昨年、テスラモーターズが市販車で本当にガルウィングドアを搭載した高級クロスオーバーSUVを発売していることを考えると、スーパーカー以外でも実用性が高ければこんなスタイルも絶対に無いとは言い切れない時代になって来ているのかもしれません。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。