スポンサーリンク
2016年4月24日日曜日

AMGスポーツファミリーから昇格?新たに「AMG C43セダン・エステート」を追加へ。

メルセデスAMG C43セダン・エステート
メルセデスベンツCクラスに高性能な「AMG C43」が登場。(画像:autoexpressより引用)

「AMGスポーツ」ファミリーが名称変更で本物のAMGモデルに。


メルセデスベンツUKは、通常モデルとAMGの「C63」の中間に位置する新たな高性能モデルとして「AMG C43」のセダンとエステートを発表しました。

こちらのモデルは、実質的に2015年に発表された「AMGスポーツ」ファミリーラインを引き継ぐリネームモデルとなっているようで、日本向けの導入などについては不明ですが、英国では9月頃から納車が開始されるとのことです。


「AMG C43セダン・エステート」はバッジも含め「AMG」の名前が付いたモデルに。

メルセデスAMG C43セダン・エステート
実質的なAMGスポーツモデルのリネーム版?本物のAMGに。(画像:autoexpressより引用)

最初にご紹介したように、2015年に発表され、その後わずか1年程で終了してしまった「AMGスポーツ」ファミリーを引き継ぐカタチで新たにラインアップされることになった「AMG C43」は、以前のモデルがAMGスポーツ仕様に留まっていたのに対し、エンブレムも含め「AMG」の名前の付いた高性能モデルとなっており、今回発表された「C43」のセダン・エステートでは、3.0リットルのV6 BITURBOエンジンを搭載し、最高出力367PS、最大トルク520Nm、0-100km/hまでの加速は4.7秒(エステートは4.9秒)と公表されています。

メルセデスAMG C43セダン・エステート
こちらはAMG C43 エステート。(画像:メルセデスベンツUKのプレスイメージより)
メルセデスAMG C43セダン・エステート
サイドにはBITURBO 4MATICのバッジも。(画像:autoexpressより引用)
メルセデスAMG C43セダン・エステート
日本向けは不明ですが、終了したAMGスポーツに続き今後はC43がラインアップされていくようです。
(画像:autoexpressより引用)

「AMG C43」のスペックでいえば、日本でも導入されているAMGスポーツモデルの「C450 AMG」とほぼ同じのようで、今までのAMGスポーツがサブブランドモデルだったのが、今回のリネームでバッジの付いた本当の「AMG」になってしまったというのは、中身はほとんど同じでも意味合い的にかなり大きい気もしますね。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。