スポンサーリンク
2016年5月17日火曜日

750馬力の高性能スーパーカー「パガーニ・ウアイラBC」が氷点下の環境で雪上を疾走!

世界限定20台の「パガーニ・ウアイラBC」が氷点下の環境で雪上を疾走!
750馬力のパガーニ・ウアイラBCが雪上を疾走!(画像:Facebook/Pagani Automobiliより引用)

約2億9000万円のウアイラBCは極端な環境でもテストされていた。


パガーニ・アウトモビリが3月のジュネーブモーターショーで発表した限定の高性能モデル「ウアイラBC」は、発表当初にもご紹介したとおり、限定20台のみの生産、価格は日本円にして約2億9000万円という、世界でも限られた大富豪しか所有することが出来ない超高級スーパーカーです。

そんな全てがエクスクルーシブなイメージのある「ウアイラBC」のオーナーになる選ばれた人物が、極端な環境の中でこのクルマを走らせることを想定してかは定かではありませんが、実際にスウェーデン北部にあるアリエプローグで雪上で「ウアイラBC」のプロトタイプをテストした際の映像が公開されましたのでご紹介したいと思います。


750馬力の「ウアイラBC」を北極圏に近いスウェーデンのボッシュの施設で氷点下のテスト走行。

世界限定20台の「パガーニ・ウアイラBC」が氷点下の環境で雪上を疾走!
マイナス20度の氷点下の環境で様々な路面をテスト走行。(画像:Facebook/Pagani Automobiliより引用)

今回ご紹介する動画は、北極圏に近いスウェーデン北部のアリエプローグにある、最新のABSやESPなどのセイフティーシステムの性能試験などが行われているボッシュの冬季テストセンターでの開発テストの様子となっており、氷点下の気温の中、雪に覆われた路面を、最高出力750馬力の高性能スーパーカー「ウアイラBC」が美しく疾走する姿を見ることができます。

世界限定20台の「パガーニ・ウアイラBC」が氷点下の環境で雪上を疾走!
20台のみの限定車ですが、様々な環境での走行を想定したテストが行われていたようです。
(画像:Facebook/Pagani Automobiliより引用)記事参考:Pagani Tokyo

ちなみに、ゾンダやウアイラなどのパガーニのスーパーカーに使用される安全走行システムやブレーキ制御システムはボッシュが開発しており、平坦な雪上だけでなく、氷に覆われたアスファルト上など様々な状況下での走行確認が行われているようですが、真っ白な大地と世界トップクラスのスーパーカーの組み合わせが幻想的ですね。


これだけハイパワーで走りに特化した車両を極端な環境でコントロールし、安全に走らせるのはかなり困難な挑戦だと思われますが、このようなテストが、世界各国の様々な環境での安定した走行に反映されていくのだと思われます。

関連記事
パガーニ「ウアイラBC」を発表!軽量化&パワーアップした高性能スーパーカーに

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。