スポンサーリンク
2016年5月6日金曜日

登場間近の「ラ フェラーリ・スパイダー」は70台限定で価格は6億円以上とのウワサも。

登場間近の「ラ フェラーリ・スパイダー」は70台限定で価格は6億円以上とのウワサも。
「ラ フェラーリ・スパイダー」が近々登場へ!※写真は通常の「ラ フェラーリ」です。
(画像:Some rights reserved by Benoit cars

「ラ フェラーリ・スパイダー」が正式に登場へ。


フェラーリを代表する特別なスーパーカー「ラ フェラーリ」のオープン仕様として登場することがウワサされていた「ラ フェラーリ・スパイダー」については、当サイトでも3月に一部のセレブな顧客向けに先行発表された?という話題をご紹介していましたが、先日、フェラーリの新しいCEOとして兼務することを発表したフィアット・クライスラー・オートモービルズのセルジオ・マルキオーネ氏が、ウワサされていた「ラ フェラーリ・スパイダー」が近々正式に登場することを明かしたようです。


「ラ フェラーリ・スパイダー」すでにVIP向けに案内も。限定数70台、価格は6億円以上とのウワサ。

登場間近の「ラ フェラーリ・スパイダー」は70台限定で価格は6億円以上とのウワサも。
既に一部顧客向けに案内も行われている模様。(画像: Some rights reserved by Sharkomat

「ラ フェラーリ・スパイダー」については、情報の詳細は少ないものの、すでに一部のVIP顧客に向けた案内などが行われているらしく、公式に登場することがアナウンスされたことから一般向けに正式発表されるのももうすぐだと思われます。

登場間近の「ラ フェラーリ・スパイダー」は70台限定で価格は6億円以上とのウワサも。
海外サイトに掲載されていた情報では70台限定で日本円にして6億円以上とも。(画像:mobile.deより引用)

また、実際のところどうなのかは分かりませんが、ドイツの自動車検索サイトmobile.deが掲載している「ラ フェラーリ・スパイダー」の車両情報によると、70台限定で510万ユーロ(日本円にして約6億2300万円)と記載されており、未発表車両のため真偽は不明ですが、この情報が正しければクーペの「ラ フェラーリ」よりも希少なクルマとなる可能性がありそうです。

登場間近の「ラ フェラーリ・スパイダー」は70台限定で価格は6億円以上とのウワサも。
近年のオープン仕様の限定車は1台数億円の車両も。写真は10台限定で3億円のF60アメリカ。
(画像:Some rights reserved by (Mick Baker)rooster

さすがに新車価格6億円オーバーは若干疑問があるものの、先代のエンツォ・フェラーリにスパイダーが存在していなかったことや、米国向けの10台限定モデル「F60アメリカ(F12ベルリネッタのオープン仕様)」が1台3億円、6台限定の「フェラーリ・セルジオ(458スパイダーのピニンファリーナ仕様)」が4億円など、近年のオープンカーの限定車が高額な設定と少ない生産数だったこと、そして、来年2017年がフェラーリ創立70周年のアニバーサリーイヤーであることから、今後登場する「ラ フェラーリ・スパイダー」は、「ラ フェラーリよりもさらに特別な意味のある限定車」となっているのかもしれません。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。