スポンサーリンク
2016年8月27日土曜日

「地獄からの馬」の文字が刻まれたマットブラックの「ラ フェラーリ」が4億7800万円で落札!

「地獄からの馬」の文字が刻まれたマットブラックの「ラ フェラーリ」が4億7800万円で落札!
世界に3台だけ生産された特別カラーの「ラ フェラーリ」がオークションで約4億7800万円に!
(画像:mecum.comより引用)

世界に3台のみ。特別なマットブラックの「ラ フェラーリ」が4億7800万円で落札!


フェラーリが世界で499台限定でリリースした特別なスーパーカー「ラ フェラーリ」の中でも、わずか3台のみが生産されたというさらに特別なマットブラック(艶消しブラック)カラーの車両のうちの1台が、先日オークションに出品され、なんと470万ドル、日本円にして約4億7800万円で落札されたようです。

※一部記事内容を追加修正しております。

落札されたのは「地獄からの馬」の文字が刻まれた「ラ フェラーリ」

「地獄からの馬」の文字が刻まれたマットブラックの「ラ フェラーリ」が4億7800万円で落札!
「Nero DS Opaco」と呼ばれる艶消しブラックカラーのモデル。(画像:mecum.comより引用)

今回、モントレーカーウィーク「Mecumオークション」にて落札されたマットブラック塗装の「ラ フェラーリ」は、「Nero DS Opaco」というカラー設定で、ステアリングホイールの下の部分にある金属プレートに「CAVALLO INFERNALE」=(地獄の馬、地獄からの馬、悪魔のような馬的な意味)と書かれていたことでも話題になったモデルで、購入後の再塗装やラッピングではなく、もともとがマットブラックというこちらのカラー設定は499台ある「ラ フェラーリ」の中でもわずか3台しか存在していないという希少なものとのこと。

※追記:当初の文章で説明が足りず申し訳ございません。調べたところ、ステアリングの「CAVALLO INFERNALE」は、前の持ち主が購入の際に依頼して入れた文字のようで、オーナーの名前などを入れることも出来たようです。ただ、オーダーメイドでこだわったデザインに仕上げているのに、購入後ほとんど乗らずにそのままオークションに出品されていますので、もしかすると、後に転売することを意識してとりあえずインパクト重視で付けたということなのかもしれません。

「地獄からの馬」の文字が刻まれたマットブラックの「ラ フェラーリ」が4億7800万円で落札!
ステアリングの金属プレートに「CAVALLO INFERNALE」の文字。(画像:mecum.comより引用)

走行距離はわずか211マイル(339キロ)程度ということなので、新車での納車後、ほとんど走らせないまま新車同様な状態で今回のオークションに出品されたものと考えられ、もともと価値の高い「ラ フェラーリ」の中でも上記のような理由でコレクターが注目する珍しい車両だったこともあり、予想されていた落札価格を上回る結果となったようです。

「地獄からの馬」の文字が刻まれたマットブラックの「ラ フェラーリ」が4億7800万円で落札!
何だか不吉そうなプレートですが、このカラーが好きな人も結構多いのでは?(画像:mecum.comより引用)
「地獄からの馬」の文字が刻まれたマットブラックの「ラ フェラーリ」が4億7800万円で落札!
走行距離も少なく、ほとんど新車のような状態と思われます。(画像:mecum.comより引用)
「地獄からの馬」の文字が刻まれたマットブラックの「ラ フェラーリ」が4億7800万円で落札!
こちらはインテリアの写真。(画像:mecum.comより引用)
「地獄からの馬」の文字が刻まれたマットブラックの「ラ フェラーリ」が4億7800万円で落札!
シートはブラックとレッドの組み合わせ。(画像:mecum.comより引用)
「地獄からの馬」の文字が刻まれたマットブラックの「ラ フェラーリ」が4億7800万円で落札!
こちらはエンジン部分。カーボンファイバーに覆われています。(画像:mecum.comより引用)
「地獄からの馬」の文字が刻まれたマットブラックの「ラ フェラーリ」が4億7800万円で落札!
生産からほぼ全てがブラックとレッドという珍しい車両です。(画像:mecum.comより引用)
「地獄からの馬」の文字が刻まれたマットブラックの「ラ フェラーリ」が4億7800万円で落札!
確かに、地獄から来た馬っぽいかも。(画像:mecum.comより引用)
「地獄からの馬」の文字が刻まれたマットブラックの「ラ フェラーリ」が4億7800万円で落札!
最初からマットブラックなのはこの車両を含め世界に3台のみ。(画像:mecum.comより引用)

フェラーリの特別なスーパーカーについては、先日ドバイにて、発売当時の新車が7800万円程度だった「エンツォ・フェラーリ」が、現在では2億4500万円のプレミア価格で販売されているという話題をご紹介していましたが、最新モデルの「ラ フェラーリ」も同じように将来的にはさらにスゴい金額で取引されるようになるのではないでしょうか?

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。