スポンサーリンク
2016年9月23日金曜日

アップルが「マクラーレン」の買収や出資を交渉中?FT紙が報道。マクラーレン側は否定。

アップルが「マクラーレン」の買収、出資などを交渉中?FTが報道。マクラーレン側は否定。
アップルがマクラーレンの買収や出資について交渉中であるとの報道。写真は約1億円というマクラーレンの限定スーパーカー「P1」(画像:Some rights reserved by David Villarreal Fernández

アップルが「マクラーレン」買収、出資などで交渉中?


マクラーレン側は否定しているようですが本当のところはどうなんでしょうか?

英フィナンシャル・タイムズが、アップルが英国のスーパーカー・F1で知られる「マクラーレン・テクノロジー・グループ」への買収、出資に関連した交渉を行っているというニュースを報道し話題となっています。


アップルとマクラーレンの交渉のウワサ。マクラーレン側は否定。

アップルが「マクラーレン」の買収、出資などを交渉中?FTが報道。マクラーレン側は否定。
アップルは以前より、秘密裏に自動車開発プロジェクトを行っているとウワサされています。
(画像: Some rights reserved by m01229

英フィナンシャル・タイムズが報じた内容によると、3人の情報筋の話として、アップルがマクラーレンとの買収や戦略的投資を検討しており、関連する交渉を数ヶ月前に開始していたとのことで、この件についてアップルはコメントを拒否、報道後にマクラーレンは「アップルとの協議は行っていない」という声明を発表しています。

報道にて名前の出てきた「マクラーレン・テクノロジー・グループ」は、高級スーパーカーで知られる自動車メーカーの「マクラーレン・オートモーティブ」やモータースポーツ部門である「マクラーレンレーシング」などの母体となる会社(2015年にマクラーレン・グループから社名変更)で、その企業価値は10億〜15億ポンド(日本円にして約1300億円〜1900億円)程らしく、この話とは別に、米国のバイクメーカーのLit Motors(リット・モーターズ)の買収交渉も行われていることが報じられています。

アップルが「マクラーレン」の買収、出資などを交渉中?FTが報道。マクラーレン側は否定。
マクラーレンはモータースポーツや超高級スーパーカーで知られる英国の企業。
(画像:© Copyright McLaren Automotive Limited.)

今回の報道についてはマクラーレンが否定しているので、実際のところは不明なものの、アップルが自動車関連の産業へ参入するというウワサは以前より話題になっており、過去にはダイムラーやBMWとの交渉も行っていたが決裂したという報道もありましたが、もし今回の報道が事実だとすると、極秘プロジェクトといわれる「プロジェクト・タイタン」で自動車産業に進出したいアップルが、自動車の研究開発施設、ブランド力、特許などを持つマクラーレンの技術を使って新製品開発を進めたいという意向があるのではないでしょうか?

さすがに、アップルが新製品開発に関連してスーパーカーやモータースポーツで知られる「マクラーレン」をグループごとの買収するというのは現実的ではないような気もしてしまいますし、bloombergの報じた内容では、関係者が匿名を条件に語った内容として「完全買収するより大型出資を目指す可能性が高い」とのことなので、この件が事実で現在進行中だとすると、買収より出資や提携の方が可能性がありそうな気もします。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。