スポンサーリンク
2016年10月4日火曜日

ホンダが世界初公開した新型「シビックタイプR」のプロトタイプはこんなデザイン!

ホンダが世界初公開した新型「シビックタイプR」のプロトタイプはこんなデザイン!
ホンダが2017年の市販化を予定している「シビックタイプR」のプロトタイプを公開。
(画像:プレスイメージより)

ホンダ、新型「シビックタイプR」プロトタイプを初披露!


ホンダは、2017年後半に欧州での発売を予定しているという新型の「シビックタイプR」のプロトタイプモデルを、現在開催中のパリモーターショーにて世界初公開しました。

新型の「シビックタイプR」は、2017年初頭に販売開始予定の10代目「シビック」シリーズとともに開発され、グローバルモデルと共通のプラットフォームを使用し、現行の「シビックタイプR」のスタイルをベースにさらにアグレッシブなデザインに仕上げられているとのことで、今回の記事では、そんな発表されたばかりの新型シビックタイプRのデザインをご紹介したいと思います。


アグレッシブなデザインに進化した新型「シビックタイプR」

ホンダが世界初公開した新型「シビックタイプR」のプロトタイプはこんなデザイン!
現行型タイプRをさらにアグレッシブなデザインに進化させた新型モデル。(画像:プレスイメージより)

今回世界初公開された新型の「シビックタイプR」は、プロトタイプということなので、完全にこのままの状態で市販化されるのかは不明ですが、ホンダの発表によると、新型シビックの5ドアモデルをベースに、フロントは大開口のフロントバンパーやボンネット部にエアベント(空気排気口)などを採用し、随所に空力性能を高める工夫を施しているほか、リアバンパーにはディフューザーを備え、3本出しセンターマフラーを採用することで、独創的なデザインに仕上げ、新たに20インチアルミホイールも装備されているとのこと。

ホンダが世界初公開した新型「シビックタイプR」のプロトタイプはこんなデザイン!
新型シビックタイプRのプロトタイプのフロントデザイン。(画像:プレスイメージより)
ホンダが世界初公開した新型「シビックタイプR」のプロトタイプはこんなデザイン!
ベースは10代目のシビックの5ドアモデル。(画像:プレスイメージより)
ホンダが世界初公開した新型「シビックタイプR」のプロトタイプはこんなデザイン!
リアバンパーにはディフューザーを備え、3本出しセンターマフラーを採用!(画像:プレスイメージより)
ホンダが世界初公開した新型「シビックタイプR」のプロトタイプはこんなデザイン!
ボンネット部にエアベント(空気排気口)を採用。(画像:プレスイメージより)
ホンダが世界初公開した新型「シビックタイプR」のプロトタイプはこんなデザイン!
新たに20インチアルミホイールも装備。(画像:プレスイメージより)
ホンダが世界初公開した新型「シビックタイプR」のプロトタイプはこんなデザイン!
日本向けの発売などについては現時点では未公表です。(画像:プレスイメージより)
以下はホンダが公開した公式プロモーションビデオ。

以下は海外メディアがパリモーターショーで展示された新型タイプRを紹介した映像。

現行型の「タイプR」は、昨年、限定ではありますが日本国内向けにも発売され、限定台数となる750台が完売となるなど話題になりましたが、現時点で公式なアナウンスは無いものの、今回プロトタイプが披露された次期型モデルが今後国内に導入されるかも気になるところです。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。