2016年12月12日月曜日

4万1999個のLEDで幻想的に輝くレクサス「LIT IS」を公開!デュア・リパのMVに登場。

4万1999個のLEDで幻想的に輝くレクサス「LIT IS」がスゴい!
レクサスISに4万1999個ものLEDを取り付けた「LIT IS」(画像:YouTube/LexusVehiclesより)

レクサスISに4万1999個のLEDを取り付けた「LIT IS」


なんとなく深海に生息するクラゲの仲間を思い出してしまいましたが、クルマというよりは、クルマのカタチをしたディスプレイみたいですね。

今回ご紹介するレクサスの「LIT IS」は、「IS」をベースに4万1999個ものLEDをグリルやエンブレムも含む車両全体に取り付けた大胆なモデルとなっており、LEDはただ光るだけでなく、音や動きに合わせて反応させることも可能なようです。


VEVOとレクサスのコラボにより誕生したLEDで覆われたレクサス。

4万1999個のLEDで幻想的に輝くレクサス「LIT IS」がスゴい!
音楽や人の動作でもグラフィックを制御できるようです。(画像:YouTube/LexusVehiclesより)

4万1999個ものLEDで覆われたレクサス「LIT IS」は、英国の女性シンガーソングライター、デュア・リパの「Be The One」のミュージックビデオで使用するためにビデオストリーミングサービスのVEVOとレクサスのコラボレーションにより製作された特別モデルで、車両に設置されたLEDがただ単に光るだけでなく、カラフルなグラフィックを音楽やユーザーの手の動きによって制御することも可能なようです。

4万1999個のLEDで幻想的に輝くレクサス「LIT IS」がスゴい!
スピンドルグリルの中やエンブレムまでLEDに。(画像:YouTube/LexusVehiclesより)

レクサスが公開した「LIT IS」の映像は以下より。


レクサス「LIT IS」が登場するデュア・リパの「Be The One」のミュージックビデオはこちら。


以下のミュージックビデオのメイキング映像では、撮影の際の様子や車両に手作業でLEDを取り付けていく作業なども確認できます。


スピンドルグリルやエンブレムにまでLEDが取り付けられているレクサスの「LIT IS」ですが、公道走行は無理な気もしますし、4万以上のLEDの重量だけでもとんでもないことになっていそうで、本来のクルマとしての用途で考えると正直微妙なものの、プロモーションとしては今回のミュージックビデオに限らず様々な使い方ができそうな気がします。

ちなみに、レクサスは2015年に「RC F」をベースに電流を通電させて発光する特殊塗料「LumiLor」を使用した「ドライバーの心拍に合わせて光るクルマ」も製作しており、そちらも以前、記事でご紹介していましたので気になる方は以下の記事よりご覧頂けます。

関連記事
ドライバーの鼓動と連動して光る「レクサス・ハートビートカー」がスゴい!

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。

スポンサーリンク



Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

2017年4月21日:トップページや各記事からそれぞれの自動車メーカーに関連した記事一覧を直接閲覧できるカテゴリのリンクを設定しました。