2017年1月15日日曜日

レクサス、高級オープンクルーザー「スポーツヨット・コンセプト」を公開。

レクサス、高級オープンクルーザー「スポーツヨット・コンセプト」を公開。
レクサスがクルーザーを製作するとこんなデザインに!(画像:プレスイメージより)

トヨタのマリン事業20周年に合わせて開発されたレクサスの「スポーツヨット・コンセプト」


レクサスは、米国・マイアミで開催されたブランドイベント「Through the Lens」にて、トヨタ自動車でプレジャーボートの開発、生産、販売を行なっているマリン事業の20周年を記念した高級オープンクルーザーのコンセプトモデルとなる「レクサス・スポーツヨット・コンセプト」を初披露しました。


レクサスの高級クルーザーコンセプトはクルマのエンジンをチューニングして搭載。

レクサス、高級オープンクルーザー「スポーツヨット・コンセプト」を公開。
トヨタのマリン事業20周年を記念して開発された「レクサス・スポーツヨット・コンセプト」
(画像:プレスイメージより)

レクサスの発表によると、今回公開された「レクサス・スポーツヨット・コンセプト」の開発にはレクサスのチーフブランディングオフィサーである豊田章男氏も関与し、自動車で表現してきたレクサスのデザインフィロソフィーを、クルーザーという新たな形で具現化したモデルとなっているとのことで、エンジンにはレクサス「RC F」や「LC」などに採用されているV型8気筒5リットル自然吸気エンジンを船舶用にチューニングしたものが2基搭載され、船体にカーボンファイバーを使用することで高剛性・軽量化を行うなど、自動車ブランドらしい仕上がりとなっています。

レクサス、高級オープンクルーザー「スポーツヨット・コンセプト」を公開。
全長12.7m、8人乗り、最高速度は43ノット、約80km/h。(画像:プレスイメージより)
レクサス、高級オープンクルーザー「スポーツヨット・コンセプト」を公開。
タッチパネル式24インチ液晶ディスプレイを操作画面に採用。(画像:プレスイメージより)
レクサス、高級オープンクルーザー「スポーツヨット・コンセプト」を公開。
シートの後ろにもレクサスのロゴが。(画像:プレスイメージより)
レクサス、高級オープンクルーザー「スポーツヨット・コンセプト」を公開。
レクサスの「RC F」などに採用されたエンジンをチューニングして搭載。(画像:プレスイメージより)
レクサス、高級オープンクルーザー「スポーツヨット・コンセプト」を公開。
コンセプトという名前なので、現時点では市販化などは行われないものと思われます。
(画像:プレスイメージより)
レクサス、高級オープンクルーザー「スポーツヨット・コンセプト」を公開。
キャビンはこんな感じのデザインに仕上げられているようです。(画像:プレスイメージより)

キャビンは、日本の「和」を意識した落ち着きのあるデザインを基調とし、黒のガラスフローリングや情緒感のある照明により、非日常的な空間を演出、サウンドシステムは、レクサスのクルマにも採用されているマークレビンソン製が搭載されているとのこと。


今回披露された「レクサス・スポーツヨット・コンセプト」について、現段階では市販化などについては公表されておらず、コンセプトという位置付けとなっているようですが、トヨタのマリン事業の20周年に合わせ、新たな提案のひとつとして開発されたモデルということなので、もしかすると今後、トヨタとは異なる「レクサス」のブランドとして、このようなクルマ以外の分野に進出していくことも考えられているのかもしれません。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。


広告


Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

2017年4月21日:トップページや各記事からそれぞれの自動車メーカーに関連した記事一覧を直接閲覧できるカテゴリのリンクを設定しました。