2017年1月6日金曜日

将来は車がドライバーの感情や嗜好を理解?トヨタ、人工知能搭載の新型コンセプトカーを発表。

将来は車がドライバーの感情や嗜好を理解?トヨタ、人工知能搭載の新型コンセプトカー「Concept-愛i」を発表。
トヨタがCESで発表した新型コンセプトカー「Concept-愛i」(画像:プレスイメージより)

未来の自動車は人を理解して成長するパートナーに?


クルマ、というか人工知能がここまで進化して実用化されてくると、ちょっと怖いような気もしてしまいます。

トヨタ自動車は、米国ネバダ州ラスベガスで1月5日〜8日に開催する「2017 International CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」にて、人工知能技術を搭載した新型のコンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i(コンセプト・アイ)」を発表しました。


車に搭載された人工知能がドライバーの感情や嗜好を理解する近未来のコンセプト。

将来は車がドライバーの感情や嗜好を理解?トヨタ、人工知能搭載の新型コンセプトカー「Concept-愛i」を発表。
人工知能を搭載することで、ドライバーの感情や嗜好を認識し「人を理解する」コンセプトモデルに。
(画像:プレスイメージより)

モーターショーではなく、主に最新テクノロジーなどが集結するイベントである「CES」で披露された「TOYOTA Concept-愛i(コンセプト・アイ)」は、人工知能により感情認識や嗜好性蓄積といった「人を理解する」技術を自動運転やエージェント技術と組み合わせることで、人とクルマがパートナーの関係となる、モビリティ社会の未来像を具現化したコンセプトモデルとのこと。

将来は車がドライバーの感情や嗜好を理解?トヨタ、人工知能搭載の新型コンセプトカー「Concept-愛i」を発表。
車両デザインはトヨタの米国デザイン拠点であるCaltyが担当。(画像:プレスイメージより)
将来は車がドライバーの感情や嗜好を理解?トヨタ、人工知能搭載の新型コンセプトカー「Concept-愛i」を発表。
(画像:プレスイメージより)
将来は車がドライバーの感情や嗜好を理解?トヨタ、人工知能搭載の新型コンセプトカー「Concept-愛i」を発表。
ドライバーのストレスを把握して、運転に不安を感じた場合には自動運転への切り替えを提案することも。
(画像:プレスイメージより)
将来は車がドライバーの感情や嗜好を理解?トヨタ、人工知能搭載の新型コンセプトカー「Concept-愛i」を発表。
完全に未来のクルマのコンセプトですが、将来的には部分的に実用化される技術もありそうですね。
(画像:プレスイメージより)

特徴としては、ドライバーの表情や動作、覚醒度などをデータ化することや、SNS発信や行動・会話履歴によって、ドライバーの嗜好を推定したり、ドライバーの感情、疲労度、覚醒状態に応じて、視覚や触覚などの五感に働きかけ自律神経を刺激し、より安全運転に誘導、さらには上記の技術とエージェント技術を組み合わせて、クルマ側から話題を提案したり、双方向の会話を行なったりすることも出来るようです。


クルマそのものがSiriと連携しているような方向性のコンセプトのようで、さすがにこれだけの技術を普通に市販車に投入できるようになるにはかなり時間がかかりそうですが、今後、今回のコンセプトカーの一部機能を搭載した車両を使い、日本国内での公道実証実験を開始する予定とのことなので、何年、何十年後の未来には、AIが友達の一人くらいになっていても不思議ではないかもしれません。
広告

記事についてSNSでシェア出来ます。


広告


Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

2017年4月21日:トップページや各記事からそれぞれの自動車メーカーに関連した記事一覧を直接閲覧できるカテゴリのリンクを設定しました。