2017年3月26日日曜日

軽自動車並みのサイズで400馬力オーバー!「フィアット500」のカスタム仕様が過激すぎる!

軽自動車並みのサイズで400馬力オーバー!「フィアット500」のカスタム仕様が過激すぎる!
アバルト500をベースにさらに過激にカスタムされた高性能モデルが登場。

フィアット500を怖いくらいに過激にしたチューニングモデル。


もともと軽自動車並みに小さなクルマなのですが、本当にこんな状態で走って大丈夫なのでしょうか?

イタリア、フィアットがラインアップしているコンパクトカー「500(チンクエチェント)」には、アバルトが手がけた高性能仕様のモデルが存在していることが知られており、2015年には同ブランドでも最速のハイパフォーマンスモデルで、サーキット走行も可能となる「695ビポスト」が発売され話題となりましたが、先日、そんな「695ビポスト」と同じくらいヤバそうなカスタムモデルがドイツのチューナー「Pogea Racing」より発表されました。


軽自動車並みのサイズで400馬力オーバー!0-100km/hの加速は4.1秒、最高速度は288km/hに!

軽自動車並みのサイズで400馬力オーバー!「フィアット500」のカスタム仕様が過激すぎる!
普通に走れるのか不安になりそうな高性能仕様にカスタムされたアバルト500。

Pogea Racingが発表した新たなチューニングプログラムは、フィアット500の高性能仕様「アバルト500」をベースに性能や内外装を強化したモデルとなっており、各種パーツを再設計しているほか、搭載された1.4リットルエンジンのチューニングを行うことで、最高出力はなんと405馬力にアップし、0-100km/hの加速は4.1秒、最高速度は288km/hという、普通の人が運転して本当に大丈夫なのかレベルに仕上げられているようです。

軽自動車並みのサイズで400馬力オーバー!「フィアット500」のカスタム仕様が過激すぎる!
カーボンファイバーパーツに覆われた外装もかなりの厳つさです。

エクステリアでは、バンパー、フェンダー、フード、ミラーキャップ、ルーフスポイラーなどがカーボンファイバー製、ワイドボディ化されており、公開されている車両のカラーは「ランボルギーニ・レヴェントン」と同じグレー系の色で塗装され、インテリアは、ベースモデルでプラスチックなどが使われていた部分も含め、レザーやアルカンターラで覆われた豪華でスポーティな雰囲気となっています。

軽自動車並みのサイズで400馬力オーバー!「フィアット500」のカスタム仕様が過激すぎる!
軽自動車並みのサイズで400馬力オーバー!「フィアット500」のカスタム仕様が過激すぎる!

こちらのカスタム仕様の「アバルト500」をフル装備でオーダーすると62000ユーロ、日本円にして約744万円となるようで、さすがにアバルト史上最速の「695ビポスト」のフルスペック価格845万6400円よりは若干安価ですが、軽自動車や国産コンパクトカーほどの大きさの車と考えると、性能も価格も内外装も桁外れなモデルとなっているようです。

軽自動車並みのサイズで400馬力オーバー!「フィアット500」のカスタム仕様が過激すぎる!
内装はレザーやアルカンターラなどを使いベースモデルよりも豪華な雰囲気に。
軽自動車並みのサイズで400馬力オーバー!「フィアット500」のカスタム仕様が過激すぎる!
軽自動車並みのサイズで400馬力オーバー!「フィアット500」のカスタム仕様が過激すぎる!
軽自動車並みのサイズで400馬力オーバー!「フィアット500」のカスタム仕様が過激すぎる!
フルコンプリートの価格で普通のフィアット500が何台か買えてしまいそうです。

公表された見た目と価格と数値だけで恐怖しか感じられない雰囲気のカスタムですが、こんな過激なカスタム仕様が実際に製作されるということは、フィアット500にスリルやラグジュアリーを求める一定の需要が存在しているということなんでしょうね。(画像・記事参考:motor1/pogea-racing

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。


広告




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

2017年4月21日:トップページや各記事からそれぞれの自動車メーカーに関連した記事一覧を直接閲覧できるカテゴリのリンクを設定しました。