2017年5月19日金曜日

旭化成とGLMが共同開発した次世代クロスオーバーコンセプト「AKXY」を公開!

旭化成とGLMが共同開発した次世代クロスオーバーコンセプト「AKXY(アクシー)」を公開!
旭化成とGLMが共同開発した次世代クロスオーバーコンセプト「AKXY」(画像:プレスイメージより)

旭化成とGLMの共同開発コンセプトカー「AKXY」を発表。


先日、日本初のEVスーパーカー「G4」の初披露を行い話題となった電気自動車メーカーの「GLM」が、今度は旭化成と共同開発した次世代クロスオーバーコンセプトカー「AKXY」を発表しました。

Asahi Kasei×Youを意味する名称の「AKXY(アクシー)」は、「トミーカイラZZ」のプラットフォームを活用し、車体に、自動車への応用が期待される旭化成の最先端技術や、自動車向け等の同社部材・システムを計27品目搭載しており、ガルウイング、クーペスタイルのルーフラインが特長的なデザインに仕上げられています。


「AKXY」は近未来的な3人乗りでガルウイング、クーペスタイルのクロスオーバーコンセプトカー。

旭化成とGLMが共同開発した次世代クロスオーバーコンセプト「AKXY(アクシー)」を公開!
3人乗り、ガルウイング、クーペスタイルのルーフラインが特徴の個性的なデザイン。
(画像:プレスイメージより)

今回発表された次世代クロスオーバーコンセプトカー「AKXY」は3人乗りで、スポーツカーとSUVを融合した次世代クロスオーバー車のコンセプトカーとなっており、全長4,685mm、全幅1,813mm、全高1,562mmで、モーターはトミーカイラZZと同じ、最高出力225kW(305馬力)の物を搭載。GLMのトミーカイラZZの開発チームが、旭化成とともに進めたコンセプトメークをもとに、車両の製作やデザイン作成のほか、車体設計やパワートレイン設計を行なっており、量産EVのプラットフォームを活用することで、コンセプトカーながら「実際に走る」のが特長とのこと。

旭化成とGLMが共同開発した次世代クロスオーバーコンセプト「AKXY(アクシー)」を公開!
「トミーカイラZZ」のプラットフォームを使用し、実際に走行も可能なコンセプトカー。
(画像:プレスイメージより)
旭化成とGLMが共同開発した次世代クロスオーバーコンセプト「AKXY(アクシー)」を公開!
「AKXY(アクシー)のインテリアデザイン。(画像:プレスイメージより)

「AKXY」には、旭化成のシステムと部材計27品目が搭載されており、鉄やアルミニウムの代わりになる高機能樹脂や、快適性に優れるシート用の人工皮革、エコタイヤ向け合成ゴム、センサーなどを使用してさまざまな情報を計測、数値化する「センシング技術」といった最先端の技術を採用し、国内外の自動車メーカーや部品メーカーなどにアピールするモデルとなっているようです。



ちなみに今回のコンセプトカー「AKXY」は、GLMが本格始動をアナウンスしている「プラットフォーム事業」の一環として製作されたもので、この事業では同社の車両開発のノウハウを活かしながら、プラットフォームや設計技術などを使うことで、自動車メーカー以外でも自社オリジナルのEVを開発することが可能になるようなので、もしかすると今後、今回の「AKXY」ような意外なメーカー発のコンセプトカーが登場したり、自動車と関係なかったメーカーが新型車を発表してEVに新規参入したりすることもありそうです。

関連記事
日本初のEVスーパーカー「GLM G4」2019年に市販へ!価格は4000万円で世界展開も計画。
広告

記事についてSNSでシェア出来ます。


広告


Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

2017年4月21日:トップページや各記事からそれぞれの自動車メーカーに関連した記事一覧を直接閲覧できるカテゴリのリンクを設定しました。