2017年6月28日水曜日

アストンマーティン、ブランド初の電気自動車「ラピードE」を限定生産へ!

アストンマーティン、ブランド初の電気自動車「ラピードE」を限定生産へ!
アストンマーティンから2019年に初のEVスポーツカーが登場へ。(画像:プレスイメージより)

アストンマーティンから初のEVスポーツカーが2019年に登場へ。


アストンマーティンは、同ブランドでは初めてとなるEVモデル(電気自動車)となる「ラピードE(RapidE)」を、2019年に155台限定で生産することを発表しました。

オールエレクトリック・モデルとなる「ラピードE」は、2017年3月のジュネーブモーターショーにて発表されたコンセプトカー「ラピードAMR」に基づいた市販モデルとなり、エンジンに代わり、電動パワートレインを搭載した4ドアスポーツカーとして登場することになります。


EVパワートレインを搭載した「アストンマーティン・ラピードE」を限定生産。

アストンマーティン、ブランド初の電気自動車「ラピードE」を限定生産へ!
アストンマーティン・ラピードEは「ラピードAMR」に基づいたモデルに。(画像:プレスイメージより)

今回、市販モデルとしての限定生産が発表された「アストンマーティン・ラピードE」は、2019年に生産が開始される予定で、限定数は155台、アストンマーティンの第二世紀計画において、低公害車とゼロエミッション車戦略の開発に先駆けて投入される完全な電気自動車モデルとのこと。

アストンマーティン、ブランド初の電気自動車「ラピードE」を限定生産へ!
こちらは公開されたフロントデザインのスケッチ。(画像:プレスイメージより)

性能面での詳細は未公表ですが、英国のF1ウィリアムズの関連企業「ウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリング」と共同開発され、6リットルのV12エンジンを搭載していたコンセプトカー「ラピードAMR」に基づいたモデルでありながらも、「ラピードE」ではエンジンに代わってEVパワートレインを搭載した完全な電気自動車として量産されることになります。

アストンマーティン、ブランド初の電気自動車「ラピードE」を限定生産へ!
こちらがリアデザイン。実車の写真などはまだ公開されていません。(画像:プレスイメージより)

「ラピードE」ではモーターの特性により以前には経験したことのないユニークな走行体験を提供できるとのことで、「アストンマーティンの魅力的なスタイルと最高性能の価値が、新しいゼロエミッションパワートレインと並行して存在するだけでなく、それによって強化される持続可能な未来を表している」というコメントが発表されており、完全な電気自動車となっても、エンジン搭載モデルとは異なる方向性の高性能な「アストンマーティンのスポーツカー」が登場することになりそうです。
広告

記事についてSNSでシェア出来ます。


広告


Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

2017年4月21日:トップページや各記事からそれぞれの自動車メーカーに関連した記事一覧を直接閲覧できるカテゴリのリンクを設定しました。