2017年7月9日日曜日

プロスキーヤーのヨン・オルソンが「ロールス・ロイス」をユニーク過ぎるデザインにカスタム!

プロスキーヤーのヨン・オルソンが「ロールス・ロイス」をユニーク過ぎるデザインにカスタム!
プロスキーヤー、ヨン・オルソン氏の新しい愛車は810馬力のカスタム「ロールス・ロイス」!?
(画像:jon-olsson.comより)

プロスキーヤー、ヨン・オルソン氏がロールス・ロイスのカスタムモデルを披露。


スウェーデン出身のプロフリースタイルスキーヤーのヨン・オルソン氏は、過去にも日産GT-RやアウディRS6などのカスタムモデルや、特注で製作した「Rebellion R2k」というスーパーカーを所有するなど、かなりの車好きとしても知られており、昨年にはスキーに行くためにカスタマイズしてしまったという「ランボルギーニ・ウラカン」のスキー・トランスポーターを公開し話題となっていましたが、先日新たに公開された「新車」はさらにぶっ飛んだ仕様となっているようです。

6月にヨン・オルソン氏が公開したモデルは、超高級車の「ロールス・ロイス・レイス」をベースに、810馬力にまでパワーアップさせ、さらにグリルやルーフにライトを装備し、ラリーカーのような外観に仕上げてしまったというユニーク過ぎるデザインの車両となっています。


ルーフにはサーフボードも!個性的過ぎるロールス・ロイスのカスタム。

プロスキーヤーのヨン・オルソンが「ロールス・ロイス」をユニーク過ぎるデザインにカスタム!
もともとはオフロード仕様にする計画だったというロールス・ロイス・レイス(画像:jon-olsson.comより)

今回、ヨン・オルソン氏が公開したのは、ロールス・ロイスの高級2ドアクーペ「レイス」(日本での価格は3490万円)をベースにしたカスタムモデルとなっており、当初は、冬でも走れるオフロード仕様にしてしまう計画だったようですが、予想以上に製作に時間が掛かることが判明したため、夏に向けた現在のスタイルに仕上げることになったようです。

プロスキーヤーのヨン・オルソンが「ロールス・ロイス」をユニーク過ぎるデザインにカスタム!
まるでラリーカーのような多数のライトを装着したスタイル。(画像:jon-olsson.comより)
プロスキーヤーのヨン・オルソンが「ロールス・ロイス」をユニーク過ぎるデザインにカスタム!
ルーフにはサーフボードも載せられます。(画像:jon-olsson.comより)

もともとの車は普通のカラーの「レイス」だったようですが、過去に公開されたランボルギーニなどと同様の白と黒の迷彩柄のエクステリアに変更され巨大なホイールも装着、ラリーカーのような強烈なライトをルーフやグリル部分に搭載、さらにルーフ部分にサーフボードを載せられるようになっていたり、ベース車両で624馬力だった最高出力が810馬力にまでパワーアップされていたりと、一般的な超高級車の「ロールス・ロイス」のイメージとはかけ離れた個性的な車両に仕上げられています。


自身の公式サイトに過去の愛車紹介が掲載されているなど、自動車愛好家としての話題も多いヨン・オルソン氏。以前にも、カスタムしたランボルギーニにスキーボックスを載せてスキー場へ行ったり、ゲレンデを走ったりしていましたが、こちらのロールス・ロイスもオフロード仕様に改造する計画だったということは、タイヤなどの条件が整えば、夏だけでなく冬のスキー場でも活躍してしまうのでしょうか?
広告

記事についてSNSでシェア出来ます。


広告


Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

2017年4月21日:トップページや各記事からそれぞれの自動車メーカーに関連した記事一覧を直接閲覧できるカテゴリのリンクを設定しました。