ラベル AMG の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル AMG の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2017年11月18日土曜日
(画像の高さ) (画像の幅)
メルセデスAMG「E63Sエステート」がニュルブルクリンク北コース最速のステーションワゴンに!
ニュルブルクリンク北コースでのラップタイムが最速のステーションワゴン!(画像:プレスイメージより)

ワゴンでは最速!「メルセデスAMG E63S 4MATIC+エステート」が「7分45秒19」を記録。


メルセデスベンツのステーションワゴン「Eクラス」をベースにした高性能モデル「メルセデスAMG E63S 4MATIC+エステート」が、ドイツの自動車メディアの実施したテストドライブで、ニュルブルクリンク北コースでのラップタイム「7分45秒19」を記録し、量産ステーションワゴンとして世界最速となったことが発表されました。

2017年9月28日木曜日
(画像の高さ) (画像の幅)
900馬力にカスタムされた「メルセデスAMG G65」をブラバスが発表!限定10台、9000万円近い価格に。ブラバス900 ONE of TEN
ブラバスがメルセデスベンツGクラスを世界最速のV12オフロードカーにカスタム!
(画像:プレスイメージより)

世界最速のV12オフロードカー「BRABUS 900 "ONE OF TEN」が登場。


メルセデスベンツのモデルをベースにしたコンプリートカーやカスタムで知られるブラバスは、過去にもマイバッハを900馬力にカスタムした「ブラバス・マイバッハ・ロケット900」や、同じく900馬力のSクラス「ロケット900」など、一体どんな場所で実力を発揮できるのかも不明な驚異的なモデルを発表してきましたが、先日、そんなブラバスから、V12エンジンを搭載したメルセデスベンツGクラスの高性能モデル「AMG G65」をベースにカスタムされた、世界最速のV12オフロードカーと呼ばれる「BRABUS 900 "ONE OF TEN」が発表されました。

2017年9月15日金曜日
(画像の高さ) (画像の幅)
メルセデスAMG・プロジェクトONE
高性能ハイパーカー「メルセデスAMG・プロジェクトONE」を初披露!(画像:プレスイメージより)

メルセデスAMG「プロジェクトONE」を発表。1000馬力の高性能モデルに。


メルセデスベンツの高性能モデル部門「メルセデスAMG」は、開催中のフランクフルトモーターショーにて、AMGの創業50周年を記念した新型ハイパーカー「メルセデスAMG プロジェクトONE」を初披露しました。

プロジェクトONEは、実際にF1マシンに搭載されているエンジンをベースにした1.6リッターV6ターボエンジンをミッドシップに搭載し、モーターも搭載したハイブリッドで、システム全体での最高出力は1000HP、0-200km/hまでの加速はわずか6秒程度、最高速度は350km/hという、世界で初めて本格的なF1マシンの技術を反映した公道走行が可能な高性能モデルとなっています。

2017年8月27日日曜日
(画像の高さ) (画像の幅)
「メルセデスAMG GTロードスター」を日本発売!価格は1834万円から。
メルセデスAMG GTロードスター/GT Cロードスターが日本上陸!(画像:プレスイメージより)

「メルセデスAMG GTロードスター/GT Cロードスター」が日本発売。


メルセデスベンツ日本は、2016年9月にパリモーターショーにて初披露された「AMG GT」のオープンカーバージョンとなる「メルセデスAMG GT ロードスター」および「メルセデスAMG GT C ロードスター」を全国のメルセデスベンツ正規販売店ネットワークを通じて8月25日より発売すると発表しました。

2017年7月25日火曜日
(画像の高さ) (画像の幅)
価格は約5400万円!?ゴールドカラーで900馬力のブラバス仕様のベンツSクラス「ROCKET 900」が販売中。
ゴールドカラーを内外装に取り入れた900馬力のカスタムベンツが販売中。(画像:brabus.comより)

ゴールドカラーで900馬力の「ブラバス・ロケット900」が販売中。


詳細は分かりませんが、もしかして、このクルマは数年前にドバイで披露されたゴールドカラーの「ブラバス・ロケット900 デザートゴールドエディション」ではないでしょうか?

ドイツのチューナー「ブラバス」が、ド派手なゴールド系のボディに900馬力のV12エンジンを搭載し、スーパーカー並みの性能に仕上げてしまったというメルセデスAMG S65がベースのコンプリートモデル「BRABUS ROCKET 900 MB S65 Limousine」を公式サイトに販売中として掲載しています。

2017年6月29日木曜日
(画像の高さ) (画像の幅)
「メルセデスAMG GT R」が日本発売!公道走行可能なレーシングモデル、価格は2300万円に。
高性能スポーツカー「メルセデスAMG GT R」の日本発売を発表。(画像:プレスイメージより※欧州仕様)

「メルセデスAMG GT R」が日本上陸!完全受注生産で価格は2300万円。


メルセデスベンツ日本は、6月27日、2016年の6月に英国で発表された高性能スポーツカー「メルセデスAMG GT R」の日本向けの発売を発表しました。

「メルセデスAMG GT R」は、メルセデスAMG社による完全自社開発スポーツカー「メルセデスAMG GT」をベースに、ドイツニュルブルクリンク24時間耐久レースやSUPER GTなど世界で戦うカスタマースポーツレーシングカー「メルセデスAMG GT3」で培った技術をあますことなく注ぎ込まれた公道走行可能なレーシングモデルとなっており、完全受注生産で、日本での価格は2300万円となっています。

2017年6月10日土曜日
(画像の高さ) (画像の幅)
【動画】走るだけで目立つ!ブラバス仕様の「メルセデスGLE」のエグゾーストサウンド。
ブラバスがカスタムした850馬力のベンツ「BRABUS 850 GLE63 Sクーペ」のエグゾーストサウンド
(画像:brabus.comより)

ブラバス仕様の「メルセデスGLE」はエグゾーストサウンドも豪快!


ドイツのチューニングメーカー「ブラバス」が、メルセデスAMGのSUV「GLE63クーペ」をベースに最高出力850馬力の高性能モデルにカスタムしてしまった「BRABUS 850」を発表したという話題をご紹介していましたが、見た目だけでも厳ついこのモデルは、走っている音だけでも周囲を威圧することが出来るようです。

2017年6月4日日曜日
(画像の高さ) (画像の幅)
メルセデスAMG「E63S」が日本発売!Eクラス史上最速の高性能モデルに。価格は1774万円。
「メルセデスAMG E63S 4MATIC+」が日本発売!価格は1774万円に。(画像:プレスイメージより)

新型「メルセデスAMG E63S 4MATIC+」の日本発売を発表。


メルセデスベンツ日本は、プレミアムセダン「Eクラス」の中でも最も高性能なモデルとなる「メルセデスAMG E63S 4MATIC+」の日本での発売を発表しました。

現行「Eクラス」のAMGモデルとしては、すでに「E43 4MATIC」がラインアップされていましたが、今回新たに追加された「E63S 4MATIC+」は最高出力612PSを発揮するるAMG 4.0リッターV8直噴ツインターボエンジン「M177」を搭載し、0-100km/h加速がわずか3.4秒という「Eクラス史上最速モデル」となっており、日本での販売価格は1774万円とアナウンスされています。

2017年3月16日木曜日
(画像の高さ) (画像の幅)
「メルセデスAMG GT」の4ドア・ハイブリッドコンセプトは将来「AMG GT」ファミリーの新たなモデルに?
メルセデスAMG GTの4ドア・ハイブリッドコンセプトカーをジュネーブモーターショーで披露。
(画像:プレスイメージより)

新型の4ドアクーペコンセプトカー「メルセデスAMG GTコンセプト」


メルセデスベンツの高性能モデルを展開する「メルセデスAMG」ブランドでラインアップされている「メルセデスAMG GT」は、現時点では2ドア、2シーターのクーペ及びオープンの高性能スポーツカーですが、ジュネーブモーターショーで初披露された新型コンセプトカー「メルセデスAMG GTコンセプト」は、「AMG GT」ファミリーの新たなモデルとして、「SLS AMG」や「AMG GT」に続く将来的な方向性を示唆するスタイルに仕上げられているようです。

2017年2月4日土曜日
(画像の高さ) (画像の幅)
メルセデスAMG E63エステート ステーションワゴン
0-100km/hの加速をわずか3.5秒!世界トップクラスのステーションワゴン「E63エステート」
(画像:プレスイメージより)

メルセデスのスポーティ過ぎるステーションワゴン「E63エステート」


メルセデスベンツは、Eクラスのワゴンである「Eクラス・エステート」(日本名:Eクラス・ステーションワゴン)の最新モデルをベースにした高性能モデルとなる「メルセデスAMG E63エステート」を発表しました。

ラインアップは、「E63 4Matic+ エステート」と、「E63 S 4Matic+ エステート」が用意され、上位モデルの「E63 S」ではAMG 4.0リッターツインターボV8エンジンを搭載し、最高出力は612HP、0-100km/hの加速はわずか3.5秒という、ワゴンとしては世界でもトップクラスの加速性能を誇る高性能車となっています。

2017年1月11日水曜日
(画像の高さ) (画像の幅)
メルセデスAMG GTのマイナーモデルチェンジを発表!高性能な「GT Cクーペ」も登場。
大幅改良した「メルセデスAMG GT」の2018年モデルを発表。(画像:プレスイメージより)

「メルセデスAMG GT」がマイナーモデルチェンジ。


メルセデスベンツは、米国で開幕したデトロイトモーターショーにて、高性能スポーツカー「メルセデスAMG GT」のマイナーモデルチェンジを発表しました。

初の大幅改良となる「AMG GT」は、4.0リットルV8ビターボエンジンのスペック変更や、クーペモデルへの「GT C」グレードの設定、「AMG GT R」や「AMG GTロードスター」で採用されていた縦型のグリルが採用されている部分などが特徴となっています。

2017年1月4日水曜日
(画像の高さ) (画像の幅)
「メルセデスAMG GT」を購入すると「マイバッハ」に乗れるセレブなキャンペーンを実施中!
高性能スポーツカー「メルセデスAMG GT」を新車で買うとマイバッハに乗れるキャンペーンを実施中。
(画像:メルセデスAMG GTのプレスイメージより)

「メルセデスAMG GT」購入者向けにマイバッハを貸し出すキャンペーン。


もし2台買ったら4000万円くらいしてしまいますが、この2台を同時に所有しているオーナーさんも多いということなのでしょうか?

最新のメルセデスの走りを求めて1台1650万円以上する高性能スポーツカー「AMG GT」を期間中に新車で購入したオーナーさんに、2200万円以上する超高級ラグジュアリーサルーン「マイバッハ」を貸し出すという、なんともセレブなキャンペーンがメルセデス・ベンツ日本により実施されています。

2016年9月19日月曜日
(画像の高さ) (画像の幅)
メルセデスAMG GTロードスター
高性能オープンスポーツカー「メルセデスAMG GTロードスター」を正式発表。
(画像:プレスイメージより)

「メルセデスAMG GTロードスター」を発表。


メルセデスベンツの高性能モデルを手掛けるブランド「メルセデスAMG」は、9月に開催されるパリモーターショーでの初披露に先駆け、2014年に登場した新型スポーツカー「AMG GT」のオープンモデルとなる「メルセデスAMG GTロードスター」及び、さらに高性能な「GT Cロードスター」を発表しました。

「メルセデスAMG GTロードスター」は、電動開閉式ファブリックソフトトップを採用した「AMG GT」の新バリエーションですが、グリルデザインが縦型のものになっていたり、性能面での調整が行われていたりと、クーペとは異なった魅力を持つモデルに仕上げられています。

2016年8月25日木曜日
(画像の高さ) (画像の幅)
メルセデスベンツCLAクラス マイナーモデルチェンジ 日本
マイナーモデルチェンジしたメルセデスベンツCLAとCLAシューティングブレークが日本発売!
(画像:プレスイメージより)

メルセデスベンツ、新型「CLA」「CLAシューティングブレーク」を日本発売。


メルセデスベンツは、2016年3月のニューヨークモーターショーに合わせてマイナーモデルチェンジが発表されていた「CLAクラス」及び「CLAシューティングブレーク」を、8月24日より日本導入し、全国のメルセデスベンツ正規販売店ネットワークを通じ発売しました。

2016年6月28日火曜日
(画像の高さ) (画像の幅)
メルセデスAMG GT R
高性能スポーツカー「メルセデスAMG GT R」を正式発表。(画像:プレスイメージより)

最新モデル「メルセデスAMG GT R」を初披露。


メルセデスベンツは、6月24日に英国で開催された自動車イベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」にて、高性能スポーツカー「メルセデスAMG GT R」を初披露しました。

メルセデスAMG GTの最上級グレードとなる「メルセデスAMG GT R」は、ニュルブルクリンク24時間でも活躍したレースカーの「GT3」を彷彿とさせるデザインが印象的なほか、性能面も強化されています。

・「メルセデスAMG GT R」の日本での発売が発表されました。詳細は「メルセデスAMG GT R」が日本発売!公道走行可能なレーシングモデル、価格は2300万円に。にてご確認いただけます。
2016年6月3日金曜日
(画像の高さ) (画像の幅)
メルセデスベンツの最新オープンカー「Sクラスカブリオレ」「SL」「SLC」が日本上陸!
メルセデスベンツの最新オープンカー「SLC」「SL」「Sクラス・カブリオレ」の日本導入を発表。
(画像:海外仕様プレスイメージより)

メルセデスベンツの最新オープンカー3モデルが日本上陸!


メルセデスベンツ日本は、新型のオープンモデル「SLC」「SL」そして44年ぶりの復活となる「Sクラス・カブリオレ」の3車種の日本での発売を発表しました。

価格帯的にはSLCクラスの530万円から、AMG S65カブリオレの3417万円までの幅広いラインアップとなっており、趣味性の高いラグジュアリーなメルセデスベンツの最新オープンカーが日本に上陸することになります。

2016年4月28日木曜日
(画像の高さ) (画像の幅)
メルセデスベンツ GLS
メルセデスベンツが発表したフラッグシップSUV「GLS」※写真はGLS63(画像:プレスイメージより)

メルセデスベンツの新型「GLSクラス」は「GL」からの名称変更。


メルセデスベンツは、高級SUVの新型「GLSクラス」を正式発表しました。

新たに登場する「GLS」は、メルセデスベンツが進めているSUVラインアップの名称変更に伴った以前の「GLクラス」の実質的な後継車種(マイナーチェンジ仕様)となっており、車格を表した「S」が付いていることで、「GLS」は同社のセダンでの「Sクラス」的な位置付けのモデルとなっています。

※メルセデスベンツGLSクラスの日本導入及び価格などが発表されたため、詳細を追加掲載しております。
2016年4月24日日曜日
(画像の高さ) (画像の幅)
メルセデスAMG C43セダン・エステート
メルセデスベンツCクラスに高性能な「AMG C43」が登場。(画像:autoexpressより引用)

「AMGスポーツ」ファミリーが名称変更で本物のAMGモデルに。


メルセデスベンツUKは、通常モデルとAMGの「C63」の中間に位置する新たな高性能モデルとして「AMG C43」のセダンとエステートを発表しました。

こちらのモデルは、実質的に2015年に発表された「AMGスポーツ」ファミリーラインを引き継ぐリネームモデルとなっているようで、日本向けの導入などについては不明ですが、英国では9月頃から納車が開始されるとのことです。

2016年4月19日火曜日
(画像の高さ) (画像の幅)
メルセデスAMG C63クーペ
新型メルセデスAMG C63クーペの日本発売を発表。(画像:プレスイメージより)

新型「メルセデスAMG C63クーペ」を発表。


メルセデスベンツは、高性能車を手掛ける「メルセデスAMG」ブランドの最新モデルとして、「Cクラスクーペ」の最上位グレードとなる「メルセデスAMG C63クーペ」を発表しました。

新型の「C63クーペ」は、今まで「C63 AMGクーペ」と呼ばれていたモデルの後継となっており、4.0リットルV8ツインターボエンジンを搭載し、さらに性能が引き上げられた「C63 Sクーペ」も導入されることになります。

※メルセデスAMG C63クーペの日本発売が発表されたため、国内導入モデルについての詳細を追加掲載しております。


2015年12月17日木曜日
(画像の高さ) (画像の幅)
メルセデスベンツ「SLCクラス」を正式発表!SLKから名称変更して登場。
メルセデスベンツ「SLCクラス」が登場。SLKの後継モデルに。(画像:プレスイメージより)

メルセデスベンツ「SLCクラス」と「AMG SLC45」を正式発表。


メルセデスベンツは、1月に米国で開催されるデトロイトモーターショーに先駆け、コンパクトオープンカー「SLK」の後継モデルとなる新型車「SLC」及び高性能モデル「メルセデスAMG SLC43」を正式発表しました。




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

2017年4月21日:トップページや各記事からそれぞれの自動車メーカーに関連した記事一覧を直接閲覧できるカテゴリのリンクを設定しました。