ランボルギーニの創業者生誕100周年記念モデル、1台2億円オーバーで発表前に完売!?

ランボルギーニの創業者生誕100周年記念モデル、1台2億円オーバーで発表前に完売!?
ランボルギーニが3月に発表するとウワサの新型特別モデルが既に完売!?
(画像: Some rights reserved by KlausNahr

ランボルギーニの新型モデル、1台2億円以上で既に完売?


昨年末、ランボルギーニが同社の創業者、故フェルッチオ・ランボルギーニ氏の生誕100周年記念モデルとして、「ヴェネーノ」に続く特別なスーパーカーを3月のジュネーブモーターショーにて披露するという話題をご紹介していましたが、一般向けには現時点でほとんど情報が公表されていないにもかかわらず、既に限定数の全てのモデルが完売してしまっているようです。

ランボルギーニ・センテナリオが正式発表されました。やはり完売しているようです。
ランボルギーニが新型スーパーカー「センテナリオ」を発表!

3月のジュネーブモーターショーで披露される?ランボルギーニ創業者生誕100周年記念のスーパーカー。

ランボルギーニの創業者生誕100周年記念モデル、1台2億円オーバーで発表前に完売!?
一部では、ランボルギーニが2014年に公開したコンセプトカー「アステリオン」のように、落ち着いたデザインになるとのウワサも。(画像: Some rights reserved by Thibault Le Mer | Photography

海外自動車メディアのautocarが報じた内容によると、3月のジュネーブモーターショーでの発表がウワサされている「センテナリオLP770-4(実際の名前かは不明)」と呼ばれる特別モデルは、昨年に一部の限られた顧客や関係者向けに披露されていたらしく、詳細は不明ですが、クーペとロードスターを合わせて40台の限定生産で、1台が2200000ユーロ、日本円にして2億8000万円以上という高額にも関わらず全モデルがランボルギーニの愛好家な富裕層に販売され、一般向けには未発表の状態で既に完売となっているようです。

ランボルギーニの創業者生誕100周年記念モデル、1台2億円オーバーで発表前に完売!?
1台が2億円以上という価格と限定数、そして創業者の100周年モデルとなると注目度も高そうですね。
 画像:Some rights reserved by Axion23

3月のジュネーブモーターショーで披露されるということは、来月にもこのモデルのデザインなどが明らかになる可能性は高そうですが、レヴェントンとヴェネーノに続く1台数億円のランボルギーニ創業者生誕100周年記念モデルとなれば、かなり注目される1台となるのではないでしょうか?
ランボルギーニの創業者生誕100周年記念モデル、1台2億円オーバーで発表前に完売!? ランボルギーニの創業者生誕100周年記念モデル、1台2億円オーバーで発表前に完売!? Reviewed by hossy on 17 1月 Rating: 5
Powered by Blogger.